ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団取扱中!ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団とはよこはま動物園ズーラシアにより結成されたオーケストラである。元となるのは動物園ズーラシアが企画する親子向けクラシックコンサートのためのズーラシアンブラスとい楽団。指揮者、演奏者全員が動物の着ぐるみを着て行う演奏が話題となり、そのオーケストラバージョンとして結成されたのがこの管弦楽団である。公演の進行は一般的なコンサートと同様でありながら、照明をやや明るく設定したりと小さい子供の問題にもすぐに対処ができるよう合わせられている。クラシックを中心にアニメの曲や動揺、時にはパントマイムを入れるなど子供を飽きさせない工夫をふんだんに入れており、親子共々楽しめると話題になっている。

ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団

27人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ズーラシアンフィルハーモニーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ズーラシアンフィルハーモニーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/26 00:00更新)

ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団について

ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団の魅力とは

ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団とは2000年によこはま動物園ズーラシアにて結成されたズーラシアンブラスによるオーケストラである。当初園内での演奏を中心に行っていたズーラシアンブラスだが、翌年に初となる会館でのコンサートが決行される。2010年には東京交響楽団と共演も果たし、翌年2011年には第5回キッズデザイン賞最優秀賞フューチャーアクション賞を受賞するなど年々話題になっている。結成当時は金管五重奏として演奏を行っていたが、コンサートを行う会場の大きさなどに合わせて編成を変え、2011年にオーケストラ、ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団としてデビューを果たす。本楽団が謳う親子のためのオーケストラというのは、子供だけではなく、そこに同伴する親にも楽しんでもらいたいという想いから始まっている。世界初と言われる本オーケストラは、見た目こそ動物と愛らしいものでありながらその演奏は超1流。映画「ズートピア」の日本語版主題歌「トライ・エヴリシング」の本オーケストラバージョンが劇場で流れている。日本だけでなく海外にもファンがおり、台湾にはファンクラブが完成している。年間140本以上のコンサートが開催され、世代も国も越えて愛されるオーケストラへと成長している。

ズーラシアンフィルハーモニーが好きな方はこんなチケットもおすすめ