高慢と偏見とゾンビ」はバー・スティアーズ監督によるハリウッド映画である。イギリスの小説家ジェーン・オースティンによる小説「高慢と偏見」をマッシュアップしたセス・グレアム=スミスの小説「高慢と偏見とゾンビ」が原作となっており、この小説はアメリカで100万部の大ヒットを記録している。ベースとなる話は「高慢と偏見」がほぼそのままで、そこにホラー要素であるゾンビが登場するという構成となっている。主人公の次女エリザベスを演じるのは、2013年にディズニーの「シンデレラ」の主役に抜擢、その後、2016年の舞台「ロミオとジュリエット」ではジュリエット役を演じたリリー・ジェームズが務め、ナタリー・ポートマンがプロデューサーに名を連ねている。

高慢と偏見とゾンビの日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

高慢と偏見とゾンビの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

高慢と偏見とゾンビのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

ハリウッド映画「高慢と偏見とゾンビ」について

ハリウッド映画「高慢と偏見とゾンビ」とは

「パルプ・フィクション」や「ラスト・デイズ・オブ・ディスコ」などに出演し俳優としても知られる、バー・スティアーズ監督によるハリウッド映画「高慢と偏見とゾンビ」。イギリスの小説家ジェーン・オースティンによる小説「高慢と偏見」をマッシュアップしたセス・グレアム=スミスの小説「高慢と偏見とゾンビ」が原作となっており、この小説はアメリカで100万部の大ヒットを記録している。
ベースとなる話は「高慢と偏見」がほぼそのままで、そこにホラー要素であるゾンビが登場するという構成となっている。

主人公の次女エリザベスを演じるのは、2013年にディズニーの「シンデレラ」の主役に抜擢、その後、2016年の舞台「ロミオとジュリエット」ではジュリエット役を演じたリリー・ジェームズ。エリザベスと恋に落ちるダーシー役には、ジョイ・ディヴィジョンのボーカルであるイアン・カーティスの半生を描いた伝記映画「コントロール」に主演し、ブリティッシュ・インデペンデント映画賞新人賞を受賞、そのイケメンぶりでバーバーリーのモデルも務めているサム・ライリー。
「スター・ウォーズ」シリーズや「ブラックスワン」などで知られるナタリー・ポートマンが原作のファンと言うことでプロデューサーに名を連ねているのも話題となっている。

高慢と偏見とゾンビが好きな方はこんなチケットもおすすめ