真天地開闢集団 ジグザグ(しんてんちかいびゃくしゅうだん じぐざぐ)は4人組のヴィジュアル系バンドである。2015年より活動開始している。コンセプトは「愚か者に救いの手を」である。メンバーはボーカル命、ベース蒼梓、サポートギター刄、サポートドラム景で構成されている。またメンバー全員に異名が付いている。彼らは基本的には古風な和の言葉を多用しつつ、英語やロックバンドらしい音楽をミックスしている。彼らの作品はメンヘラに主眼をおいている。メンヘラとは精神がまともではない人、行動が非常にネガティブで異常な人などを指す俗語である。彼の作品は「十六夜」やミニアルバム「繋がりたい」、フルアルバム「オキラ」などがある。

真天地開闢集団 ジグザグの日程

26人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

真天地開闢集団 ジグザグのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 00:00更新)

真天地開闢集団 ジグザグについて

真天地開闢集団 ジグザグの魅力とは

新時代を切り拓いていく真天地開闢集団 ジグザグ。彼らのイメージは病んでいる、壊れていると表現される。彼らは現代の不条理を語る上での重要なスタイルとして考えている。技術が進歩して人と人との付き合い方も徐々に変化して行く中で生まれる現代の人間の闇の部分。彼らはそこに安らぎを与えることを目的としている。だからこそ彼らは言葉の一つ一つを大切にしている。ただ、言葉を並べても人の闇の部分には届かない。聴き手の心に刺激を与える言葉、聴き手の心に突き刺さる言葉を意識して使っている。その言葉を伝える為の音楽はまともなものになるはずもない。全体的に心をえぐるような曲調をしている。音楽を聴くだけで彼らが何を伝えたいかわかるだろう。そして、その想いを伝える為の見た目にもこだわっている。彼らの見た目には救済者としての情熱が詰まっている。彼らの曲を聴いているとハッとさせられる。少し刺激が強すぎると感じる人もいるかもしれない。しかし、一度その世界に踏み込んでしまえば、その心地よさを理解することが出来るだろう。そんな世界観にどっぷりと浸かる為にはライブに行くしかない。彼らが他にはない癒やしを観客に届けてくれるはずだ。

真天地開闢集団 ジグザグが好きな方はこんなチケットもおすすめ