FC町田ゼルビアは、東京都町田市をホームタウンとし町田市立陸上競技場をホームスタジアムとするJリーグに所属するチームである。1989年に前身である「FC町田トップ」が作られ、1991年から東京都社会人サッカーリーグに参加。その後1997年に現在の「FC町田ゼルビア」にチーム名を変更した。チームの愛称ともなっている「ゼルビア」は、町田市の樹・ケヤキ(ゼルコヴァ)と花・サルビアを掛け合わせたものが由来となっている。Jリーグディビジョン2(現J2リーグ)に初めて参加した2012年シーズンでは、天皇杯でクラブ史上最高位のベスト16となる4回戦まで駒を進める快進撃を見せた。その後苦悩のシーズンもあったが、それを乗り越え2015年のプレーオフ(入れ替え戦)で見事に勝利し再びJ2リーグへの昇格を果たした。歴代入場者数も着々と伸びているゼルビア戦で熱い応援をして選手と共に戦おう。

FC町田ゼルビア の日程

99人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

FC町田ゼルビア の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

FC町田ゼルビア のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 12:00更新)

FC町田ゼルビアについて

FC町田ゼルビアの魅力とは

FC町田ゼルビアは、東京都町田市をホームタウンとし町田市立陸上競技場をホームスタジアムとするJリーグに所属するチームである。
1989年に当時の町田サッカー協会理事長を務めていた重田貞夫氏(初代クラブ代表兼監督)によって、前身の「FC町田トップ」が作られ、1991年から東京都社会人サッカーリーグに参加。
その後リーグ戦で着々と結果を残し1997年に現在の「FC町田ゼルビア」にチーム名を変更した。同年に東京都社会人サッカーリーグ2部で1位となり翌年からは1部に昇格。
2000年代には一時2部に降格するなどの停滞期もあったが、2010年に元日本代表の相馬直樹氏が監督に就任すると同年にホームゲーム歴代最多入場者数を記録し更にはJリーグへの入会が正式に承認されるなど躍進のシーズンとなった。
2012年にはこちらも元日本代表の秋田 豊氏が監督に就任し話題を集めた。2014年からは初めてJ3リーグが開幕。2年間J3でのシーズンを戦い抜き、2015年シーズン後の入れ替え戦に勝利し念願のJ2リーグに再昇格した。
NPO法人アスレチッククラブ町田を設立し、チームの活動を地域に拡げるなど今や町田の顔といえるゼルビアの熱い試合には今後も大注目だ。

FC町田ゼルビア が好きな方はこんなチケットもおすすめ