ゼーガペインは、アニメ制作会社サンライズの制作により、2006年にテレビ東京系列で放送されたSFロボットアニメだ。主人公は舞浜南高校1年生のソゴル・キョウ(浅沼晋太郎)。ミステリアスな先輩ミサキ・シズノ(川澄綾子)に導かれ、異世界で人型兵器ゼーガペイン・アルティールに搭乗して謎の敵と戦うことになる。ある日、キョウは、世界がループすることに気づく。さらに、自分も幼なじみ・カミナギ・リョーコ(花澤香菜)もコンピューターに保存された人格記憶体の幻体だという衝撃の事実を告げられる。ゼーガペインシリーズは難解な設定のストーリーであるにも関わらず多くのファンに共感を与え、2006年のアニメ放送から10年が経過した現在でも、多くのファンから支持され続けている。新作品「ゼーガペインADP」では、VRやARなどの要素を取り入れた世界観で熱狂的なファンを生み出し、大きく話題となった。タイトル名は、キャッチコピー「消されるな、この想い 忘れるな、我が痛み」を縮約した「是我が痛み」に由来している。あらかじめ失われているものを忘れずに、その痛みを想い出に変えて生きていくゼーガペインのパトスを感じてみよう。

ゼーガペインの日程

40人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ゼーガペインの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ゼーガペインのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

ゼーガペインについて

覚醒したセレブラントたちの戦いと哀しみを描くゼーガペインの魅力とは

自分の存在が、量子コンピューター上でシミュレートされた「個人の記憶と人格のデータ」に過ぎないとしたら・・・。ゼーガペインは、幻体と呼ばれる人格記憶媒体として「生きる」ものたちの中で、ループする世界の矛盾に気づいて覚醒する「セレブラント」たちの戦いと哀しみを描いたSFロボットアニメだ。主人公のソゴル・キョウを浅沼晋太郎、幼なじみのカミナギ・リョーコを花澤香菜、二人の先輩ミサキ・シズノを川澄綾子が演じる。

普通に高校生活を送っているはずのキョウは、シズノ先輩と出会い、生徒会長のシマが司令を務める戦艦「オケアノス」へ召喚され、人型兵器「ゼーガペイン・アルティール」に乗り、「ガルズオルム」と呼ばれる敵と戦うことに。ゲーム内の仮想空間だと思っていた戦闘により荒廃した世界が実はリアル世界で、本来の自分たちは量子コンピューターサーバー内で処理されているデータでしかないことにキョウは激しく苦悩する。しかし、命がけの戦いを通して、自分たちには心があり、痛みも感じることで「生きている」ことを確信する。「Pain」こそが生きていることの存在証明なのだ。2016年10月には、作品誕生10周年を記念して映画「ゼーガペインADP」が公開される。2006年にテレビ東京系列で放映されたシリーズの再編集に新規カットを加え、新解釈のストーリーと新しいキャラクターが披露される。キョウとリョーコとシズノたちの胸にある「Pain」と新たな戦いを見逃してはならない。

ゼーガペインが好きな方はこんなチケットもおすすめ