ズーラシアンブラスとは2000年によこはま動物園ズーラシアにて誕生した金管五重奏団。その都度楽器の組み合わせを変えながらクラシック音楽を中心とした演奏をおこなっている。楽団の最大の特徴といえば、全員が動物の被り物をしたユニークな見た目。これは子供にも楽しんでもらうための配慮であり本楽団の作戦の一つでもある。大人も子供も同時に楽しめるコンサートを目的とした「音楽の絵本コンサート」を開催。0歳時から入場可能というコンサートを開き、小さい子供を持つ親もまた楽しむことができる。2010年には10周年、そして翌2011年にはキッズデザイン最優秀賞フューチャーアクション賞を受賞する。2015年にはさらに規模を拡大したオーケストラとして活動を開始。これまで以上に多くの人を沸かせ同時に音楽の可能性を広げている。

ズーラシアンブラスの日程

48人が登録中

枚数

表示条件

この条件に合うリクエスト中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ズーラシアンブラスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/19 00:00更新)

ズーラシアンブラスについて

ズーラシアンブラスの魅力とは

ズーラシアンブラスとは神奈川県に存在する「よこはま動物園ズーラシア」の1周年を機に設立された楽団である。演奏時に動物のかぶり物をすることで有名な楽団で、指揮者から楽器演奏者まで全てが何かしらの動物に扮している。いずれも実際にズーラシア内に存在する希少動物で指揮者のオカピをはじめインドライオン、マレーバク、ホッキョクグマと多種多様な動物たちの恰好でステージに上がる。被り物は頭だけで首から下は一般的な恰好をしている。

動物園内での演奏はもちろん、現在では全国的な人気を獲得していることから各地へと足を運んで演奏をおこなっている。2018年には東京文化会館にて「ニューイヤーコンサート 笑門来福」を開催。その他時期や季節に合わせたコンサートを開催している。活動はコンサートに限らずコンテストや毎年開催されるサマーキャンプなど多岐に渡り、いずれも音楽を聴くだけでなく自身で体験できるようにとした楽団としては斬新な活動である。大人には本格的な音楽を、そして子供には目でも耳でも楽しめる公演として幅広い層から支持を得ている。

ズーラシアンブラスが好きな方はこんなチケットもおすすめ