游彩(ゆうさい)は、関西出身のヴィジュアル系バンドである。2012年8月からジャパニーズ哀愁ポップをテーマに活動していたヴィジュアル系バンド・ジンが前身であり、2017年年明けから游彩として活動を開始している。バンドのコンセプトは「哀愁ショック」としており、「和を基調に、優美かつ哀愁味を帯びたメロディとヴィジュアル系が本来持っていたショッキングな要素を音や言葉で表現する」という意思が込められている。メンバーは、唄(ヴォーカル)の雨音 類(あまね るい)、六弦(ギター)の慶(よし)、四弦(ベース)の大蛇(おろち)、太鼓(ドラム)の沙久(さく)といった和を全面に打ち出した4人構成である。独特な世界観を持つバンドの今後の活躍が楽しみだ。

游彩(ゆうさい)の日程

26人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

游彩の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

游彩のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 12:00更新)

游彩について

游彩の魅力とは

游彩は、関西出身の4人組和風ヴィジュアル系バンドである。2017年1月から活動を開始しているが、前身は同じく和風ヴィジュアル系バンド・ジンである。ジンでは「ジャパニーズ哀愁ポップ」をテーマとして活動していたが、メンバーチェンジがきっかけとなり新体制として活動を始め、現在の形となっている。バンドのコンセプトは「哀愁ショック」としており、「和を基調に、優美かつ哀愁味を帯びたメロディとヴィジュアル系が本来持っていたショッキングな要素を音や言葉で表現する」という意思が込められている。そのため「和」というコアテーマは一貫しており、決してぶれることなく音楽性の軸をより一層強めていることが一つの魅力とも言える。

メンバーは、唄(ヴォーカル)の雨音類(あまねるい)、六弦(ギター)の慶(よし)、四弦(ベース)の大蛇(おろち)、太鼓(ドラムス)の沙久(さく)の4人。名前にも和の要素を取り入れる徹底ぶりが伺える。2017年3月には、記念すべき1stシングル「アイラク偽心」を発表すると、勢いをそのままに7月には2ndシングル「雨」のリリースを決定しており、今後の活躍に注目が集まる。

游彩(ゆうさい)が好きな方はこんなチケットもおすすめ