遊佐浩二(ゆさこうじ)は1968年生まれ、京都府出身の声優・ナレーター。25歳でアニメ「黄金勇者ゴルドラン」で声優デビューを飾った。「ゆっちー」という愛称で親しまれており、クールなキャラクターから悪役、あどけない少年の声まで多様な声を演じることができる。京都府出身ということもあり、京都弁を話す役柄に抜擢されることも多い。洋画の吹き替えやアニメなどで活躍する一方で、ナレーションを担当することも多い。2007年には「仮面ライダー電王」に出演し、遊佐浩二が手がけた主題歌「Climax Jump DEN-LINER form」は、オリコンで第2位に輝くという功績を残している。

遊佐浩二の日程

153人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

遊佐浩二の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

遊佐浩二のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

遊佐浩二について

遊佐浩二の魅力とは

遊佐浩二(ゆさこうじ)は京都府出身の声優・ナレーター。1968年8月12日生まれである。大学卒業後は勝田声優学院に入学し、25歳で声優としてのデビューを果たした。デビュー作はアニメ「黄金勇者ゴルドラン」。

冷酷な悪役から二枚目、好青年まで様々な演じ分けができることから、同じアニメ内で複数の役を担当することも。「薄桜鬼」(原田左之助役)「超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説」(破壊兵アイアンハイド、軍師スラスト役)、「アイシールド21」(葉柱ルイ役)、「BLEACH」(市丸ギン役)、「青の祓魔師」(志摩廉造役)、など幅広いジャンルのアニメで活躍している。

また、「とくダネ!発 GO-ガイ!」や「報道特集NEXT→報道特集」などで、ナレーションを担当している。このように洋画の吹き替えやアニメなどで活躍する一方で、ラジオパーソナリティやナレーションを担当する機会も多い。2007年には「仮面ライダー電王」に出演し、遊佐浩二が手がけた主題歌「Climax Jump DEN-LINER form」は、オリコンで第2位に輝いた。

遊佐浩二が好きな方はこんなチケットもおすすめ