日本の大御所女優である五大路子が座長を務め横浜の市民による「横浜夢座プロジェクト」で行われる1人芝居が「横浜ローザ」である。横浜夢座は「メイド・イン・横浜」の舞台演劇を市民と協力し横浜から発信していこうと言うテーマを持ち、1999年に横浜夢座として実行委員会を発足させた。その横浜夢座の公演の中でも人気の「横浜ローザ」は大正から平成まで生き抜き、壮絶な人生を送った1人の女性「ハマのメリー」の物語である。1996年に誕生したこの演目は日本で数々の公演が行われ、2015年4月にはアメリカニューヨーク公演も行われ大盛況のうちに幕を閉じている。初演から20年が経つがこれからも「横浜ローザ」の輝きが失われることはないだろう。

横浜夢座 横浜ローザの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

横浜夢座「横浜ローザ」について

横浜夢座「横浜ローザ」とは

横浜夢座「横浜ローザ」は女優、五大路子を座長として横浜の市民による横浜夢座プロジェクトが企画運営している「横浜夢座」で行われる人気演目だ。
横浜ローザは横浜の中心部でしばしば目撃された老女、「ハマのメリー」の半生を描く五大路子主演の1人芝居である。

「ハマのメリー」は実物の人物で顔を真っ白に白粉を塗り、フリルのついた純白のドレスをまとった老女で第二次大戦後横浜の町で米兵相手の娼婦をしていた。
戦争に翻弄されながらも一生懸命生きぬいた彼女の半生を五大路子が熱く演じきる。
2015年4月には「アメリカ人に観てもらう、横浜ローザ」としてアメリカのニューヨークでの公演を大盛況に終え各メディアにて大きく取り上げられた。

横浜ローザは1996年に初演を行い、2016年8月には2016年横浜ローザ公演を横浜赤レンガ倉庫1号館で上演する。
また、8月16日には初演から20周年を迎えることを記念して「響け!ローザへの想い」として 横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホールにてチャリティーコンサートも行われる。

戦争という悲しい事件で人生を翻弄されるが強く生き抜いたローザの半生をぜひ鑑賞していただきたい。

横浜夢座 横浜ローザが好きな方はこんなチケットもおすすめ