夢みるアドレセンスは、荻野可鈴、山田朱莉、志田友美、小林玲、京佳の5人からなる人気ティーンファッション誌モデルを中心として結成されたグループ。通称「夢アド」と呼ばれ、アドレセンスとは「思春期」を意味しており、“カワイイだけじゃダメなんですか!?”を合言葉に活動中。アイドル戦国時代と呼ばれるいま、「思春期」を謳歌する全く新しいアイドルであり、メンバーのほとんどが元モデルであるという異色のアイドルグループとしてネクストブレイク必至だ。5人の完璧のヴィジュアルはもちろん、その実力も確かである。5人のアドレセンスによる等身大の自分が表現されたステージは、同世代はもちろんのこと、子供から大人まで幅広い層から支持されている。

夢みるアドレセンス(夢アド)の日程

389人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

夢みるアドレセンスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

夢みるアドレセンスについて

夢みるアドレセンスの魅力とは

荻野可鈴、山田朱莉、志田友美、小林玲、京佳で2012年に結成されたアイドルグループ「夢みるアドレセンス」。通称「夢アド」と呼ばれており、同世代はもちろんのこと、幅広い層から支持を得ている。また、5人中4人のメンバーが、ティーンファッション誌のモデル出身である”超エリートな”アイドルグループだ。2012年に結成され地道なインディーズでの活動を経て、2015年についにメジャーデビューをした。
グループ名に含まれている「アドレセンス」は、「思春期」のこと。“カワイイだけじゃダメなんですか!?”を合言葉に活動しており、思春期を謳歌する全く新しいジャンルを攻めている。なんといっても特徴的なのが、曲中のサビでは必ずグループ名を歌っているのだ。

その高いビジュアルと、エッジの効いた音楽性で注目を集めている夢みるアドレセンスは、ネクストブレイク必至のアイドルグループ。またコンセプトには「国民的大女優を目指す」というのもあり、メンバーそれぞれがドラマなどに出演し、活動の幅を広げている。「社会風刺」と「ダンス」を融合させて、このアイドル戦国時代を突き進んでいくこと間違いない。注目のアイドルグループ「夢みるアドレセンス」のライブは見逃せない!

夢みるアドレセンス(夢アド)が好きな方はこんなチケットもおすすめ