憂歌団とは1975年にシングルを発表しデビューを果たしたブルースバンド。1998年に1度活動の休止を発表するもその後復活、現在に至るまで日本を代表するブルースアーティストとして高い人気を集めている。デビュー作は当時話題にもなり物議をかもした「おそうじオバちゃん」。その内容からすぐに放送禁止となりながら高い音楽性が評価され、同年発表されたグループ名と同名のアルバム「憂歌団」は支持を集めている。1980年代、90年代は国内をはじめブルースの本拠地アメリカでも高い人気を博しライブイベントやCD製作で大きな功績を残す。1998年にはコンサートをもって活動を休止、その5年後に再始動となると同年にライブイベントへと出演し変わらぬ姿をファンへ届けている。

憂歌団の日程

118人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

憂歌団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 06:00更新)

憂歌団について

憂歌団の魅力とは

憂歌団とは30年以上に渡りほとんど変わらぬメンバーで一線で活躍している国内トップクラスのブルースバンドグループ。バンド結成はデビューの5年前となる1970年、当時高校生だったメンバーが集まり当時から現在の「憂歌団」名で活動を開始。1975年にデビュー、放送禁止となり幻の楽曲となった「おそうじオバちゃん」は現在でも彼らの代表曲として有名である。当時から不思議な世界観を見出しており、デビュー当時20代前半だった若者とは思えない独自の路線を開拓している。しかしながらすぐさま彼らの音楽は各地で話題となり、デビューの年には早くも東京は銀座にてコンサートを行なった。1度の活動休止からしばらく後にメンバー1人が亡くなるという不幸に見舞われるも、その後2013年に新たなメンバーが入るまでは変わらぬ姿で活動を続ける。そのメンバーはボーカル&ギターの木村充揮、ギターの内田勘太郎、ベースの花岡献治、ドラムの新井田耕造、そして今は亡き島田和夫。アメリカ・シカゴでの日本人初のブルースイベント出演、シングル、アルバム作品の発表とブルースジャンルからの全国人気の獲得に成功する音楽界でも歴史のあるグループとして存在している。

憂歌団が好きな方はこんなチケットもおすすめ