指先ノハクは、清水加奈(Vo/Gt/Key)、木村順(Gt/Cho)、宮腰侑子(Ba/Cho)、竹内裕美子(Dr)の4人により結成されたガールズロックバンドだ。2008年に前身となるロックバンド・RADITZを結成し、東京都内を中心にライブ活動を開始。2011年にバンド名を指先ノハクに改め、1st ミニアルバム「さきっちょ」を発表し、エッジのきいたサウンドとエモーショナルなボーカルが注目される。テレビ、ラジオ、雑誌などのメディアにも取り上げられ、2015年には初の全国流通ミニアルバム「肴 SAKANA」をリリース。2016年夏には、新曲「フェスタブルー」がポカリスエットWEB MOVIE「熱中!フェス部」のテーマソングに起用され、公開と同時に青春の息吹と衝動に溢れたムービーとサウンドがたちまち話題を集めた。東京発ガールズロックバンド・指先ノハクのライブが今盛り上がっている。

指先ノハクの日程

3人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

指先ノハクについて

オルタナティブなガールズロックバンド、指先ノハクの魅力とは

指先の拍でリズムを取り、メンバー同士で指を歩かせる遊びをよくやっていたことから命名されたガールズロックバンド・指先ノハクは、エッジのきいたサウンドとエモーショナルなボーカルが人気を呼んでいる。
2008年に大学の軽音楽部のメンバーで結成されたRADITZを前身とし、清水加奈(Vo/Gt/Key)、木村順(Gt/Cho)、宮腰侑子(Ba/Cho)、竹内裕美子(Dr)の4人により、2011年から指先ノハクとしてライブ活動を行ってきた。メンバー全員が楽曲の作詞作曲を行い、2015年に満を持して初の全国流通ミニアルバム「肴 SAKANA」をリリース。アルバム収録曲「なにがし」のMVでは、オルタナティブなサイケデリックサウンドと世界観を披露し、注目を集めた。
2016年にはサウンドプロデューサーに坂本夏樹、エンジニアに古賀健一を迎え、全国流通盤2nd ミニアルバム「フルレンジ」を制作し、12月にリリースする。先行して夏に発表されたアルバムリード曲「フェスタブルー」がポカリスエットWEB MOVIE「熱中!フェス部」のテーマソングとして公開され、話題を呼んでいる。ジャンルの枠を超えたラディカルなガールズロックバンド・指先ノハクに注目してほしい。

指先ノハクが好きな方はこんなチケットもおすすめ