夜空はいつでも最高密度の青色だ」は最果タヒの同名エッセイ集が原作の映画である。最果タヒは2006年に現代詩手帳賞を受賞。その翌年には詩集「グッドモーニング」を発表し、中原中也賞を受賞した。2014年「死んでしまう系のぼくらに」は詩集の中では異例のベストセラーとなり、現代詩花椿賞を受賞するなど一躍その名が知れ渡ることとなった。難しい言葉を使用しないその詩は若者に支持され、特に「夜空はいつでも最高密度の青色だ」は男性にも読みやすいと評判だ。そんな今作が待望の映画化。主演は新鋭、石橋静河。監督は「舟を編む」で知られる石井裕也。「夜空はいつでも最高密度の青色だ」は2017年春に公開が予定されている。

夜空はいつでも最高密度の青色だの日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」について

映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」とは

最果タヒの同名エッセイ集が原作の映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。
最果タヒは2006年に現代詩手帳賞を受賞。その翌年には詩集「グッドモーニング」を発表し、中原中也賞を受賞した。2014年「死んでしまう系のぼくらに」は異例のベストセラーとなり、現代詩花椿賞を受賞するなど一躍その名が知れ渡ることとなった。
難しい言葉を使用しないその詩は若者に支持され、特に「夜空はいつでも最高密度の青色だ」が男性にも読みやすいと評判だ。そんな今作が待望の映画化。主演は石橋 凌と原田美枝子、2人の役者を両親に持つ新鋭・石橋静河。コンテンポラリーダンサーとして活躍してきた彼女は今作で映画初主演を務めることとなった。メガホンを取るのは2009年に第19回PFFスカラシップ作品「川の底からこんにちは」で、第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少で受賞、2013年には「舟を編む」が史上最年少で第86回アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品に選出された石井裕也。彼は今作で脚本も担当している。

「夜空はいつでも最高密度の青色だ」は40編以上もの詩からなる作品。
これらの詩、世界観から1本の物語りを作りだしストーリーを生み出したという今作に期待が寄せられている。

夜空はいつでも最高密度の青色だが好きな方はこんなチケットもおすすめ