弱虫ペダル 3期名エピソード上映会取扱中!弱虫ペダルは、2008年から「週間少年チャンピオン」にて連載されている渡辺航による少年漫画である。メディアミックス作品として多方面に展開され人気を博している。自転車競技を題材とした本格的なスポーツ漫画であり、原作は現在も連載中である。物語は、千葉県にある架空のロードレース強豪高校を舞台に、オタク少年がひょんな事から自転車競技部に入部し、隠れていた自分の才能を開花させていくといったものである。2012年から本格的なメディアミックス作品としての道を開拓しており、最初は舞台が上演され、2013年10月からはテレビアニメ化、2015年8月には劇場版アニメ化、そして2016年8月からはテレビドラマ化されている。

弱虫ペダル 3期名エピソード上映会

5,670人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

弱虫ペダルの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

弱虫ペダルのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 06:00更新)

弱虫ペダルについて

大人気スポーツ漫画「弱虫ペダル」の魅力とは

弱虫ペダルは、渡辺航による少年漫画を原作としたメディアミックス作品である。始まりは2008年より「週間少年チャンピオン」にて連載され、今尚継続している自転車競技を題材とした本格的なスポーツ漫画である。タイトルの由来は、原作者の渡辺航自身が自転車に乗る際、軽いギアで回転数を上げペダルをクルクル回す乗り方を弱虫ペダルと名付けており、そのことを漫画のタイトルにしたと語られている。実際のメディアミックスのスタートは、2012年の舞台化からスタートしており、自転車そのものは使用せず舞台演者がハンドルのみを持って登場し、中腰姿勢やその場での足踏みによってレースシーンなどの疾走感を表現するといった新しい演出が話題になった。また、舞台装置を動かしたり、自転車のホイールを持ったり、時にはガードレールを演じる役者もおり、舞台としての独自演出が見られ、毎公演チケットが完売になるほどの人気を誇っている舞台作品でもある。舞台以外にも2013年10月からはテレビアニメ化、2015年8月には劇場版アニメ化、そして2016年8月からはテレビドラマ化され、弱虫ペダルをきっかけに自転車に興味を持つ人が出るほどである。今後さらにどのような広がりを見せてくれるのか楽しみな作品である。

弱虫ペダルが好きな方はこんなチケットもおすすめ