ユ・スンホとは1999年に広告モデルとしてデビュー、翌年にはテレビドラマへと出演、以降実力派俳優として人気を獲得する韓国人俳優である。ドラマデビューは2000年の「カシコギ」。当時まだ10才にも満たない身でありながら類まれな才能を見せつけ、2002年の映画「おばあちゃんの家」において天才子役として大きな注目を集める。その後もテレビドラマ、映画を中心に活動を展開、2013年には入隊を経験し除隊後に再び俳優としてファンの前に姿を現している。映像作品への数多くの出演はもちろん、俳優、タレントとして国内の数々の賞を受賞している。2009年にはMBC演技大賞新人賞、翌2010年にはベストドレッサー賞に輝いており演技だけでなく存在感そのものもまた大きな影響力を発揮している。

ユ・スンホの日程

127人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ユ・スンホの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ユ・スンホのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/17 12:00更新)

ユ・スンホについて

ユ・スンホの魅力とは

ユ・スンホとはかつて天才子役とも謳われた演技力で韓国内の話題を集める人気俳優。2002年に出演した映画「おばあちゃんの家」においてその人気に火を点け、当時韓国では国民的子役としても話題を集めていた。その年には若い芸術家賞を受賞、以降も子役として並外れた力を見せつけることで、2005年にはKBS演技大賞青少年演技賞、2007年には第1回大韓民国映画演技大賞子役賞など数々の賞に輝いている。これまで出演した作品はテレビドラマで「少年は泣かない」「冬鳥の夢」、日本原作の「ドラゴン桜」、映画では「非日常的な彼女」「記憶の欠片」などへと出演している。2011年には1度有名大学への進学の誘いを受けるが、彼は進学はせずその後の兵役へ進むことを発表する。そして2013年に入隊、翌2014年末にファンの前へと戻ってくるとすぐに仕事を再開、その1年後には彼の出演する映画が公開されている。俳優としてドラマ、映画に出演しながら国内アーティストのPVへも多数出演しており、韓国内での影響力は非常に大きい。かつて子役として高い知名度を誇りながら、現在ではその演技力に加えルックス、そして精神的にも大人の魅力ある男性となっている。

ユ・スンホが好きな方はこんなチケットもおすすめ