四谷怪談」は1825年に四世 鶴屋南北によって描かれた「東海道四谷怪談」を原作とした舞台作品。1994年に十八世中村勘三郎と、演出家である串田和美によって誕生した「渋谷・コクーン歌舞伎」は、第1弾の「東海道四谷怪談」を上演し大成功に収めた。そして2016年には第15弾目となる「四谷怪談」の上演が決定。出演者は中村獅童(伊右衛門)、に中村勘九郎(直助権兵衛)、中村七之助(お袖)、中村扇雀(お岩)そして片岡亀蔵・笹野高史と、豪華な顔ぶれである。奇才 串田和美による新しい演出方法によって、未だかつてないスケールで進化した「四谷怪談」の物語を堪能しよう。

四谷怪談の日程

328人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

四谷怪談の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

四谷怪談のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 06:00更新)

四谷怪談について

四谷怪談の魅力とは

「四谷怪談」の原作は文政8年に鶴屋南北によって書かれた『東海道四谷怪談』。「忠臣蔵」の外伝である。1994年に第一弾「東海道四谷怪談」を上演したコクーン歌舞伎。第七弾では、第一弾の再演『南番』と直助とお袖の悲劇を描いた『北番』という2つの構成で上演された。特に後者で演出を担当した串田和美は、第14回読売演劇大賞の最優秀演出家賞を受賞している。

十五弾である今作は、その『北番』をメインとした構成。そして新しい演出によって、さらに生まれ変わった舞台「四谷怪談」が完成した。出演者は中村獅童(伊右衛門)、に中村勘九郎(直助権兵衛)、中村七之助(お袖)、中村扇雀(お岩)。欲に生きる伊右衛門、直助権兵衛、悲しい運命を辿るお袖、そして怨霊となって復讐するお岩。「忠臣蔵」の世界を背景とした人間の本能と欲望の物語、そこに重なり合う出演者の演技には息を呑む。文政時代から日本を震え上がらせてきた「四谷怪談」。2016年再び戻ってきた物語が、あなたを劇場で待っている。

四谷怪談が好きな方はこんなチケットもおすすめ