よしもとクリエイティブエージェンシーは吉本興業グループの芸能プロダクションであり、2007年に吉本興業が持ち株会社制に移行した際に生まれた事業子会社である。お笑い芸人が一般的に「よしもと」という場合、この「よしもとクリエイティブエージェンシー」のことを指す。今触れたようによしもとと言えば「お笑い」が母体になっておりお笑いのイメージが強いが、よしもとクリエイティブエージェンシーにはお笑いタレント以外にも俳優・女優・映画監督など芸能に関する様々な人が所属している。四谷第五小学校の校舎を改装してよしもとクリエイティブエージェンシーの東京本部として利用するなど、枠にとらわれない大胆な活動を行っている。

よしもとクリエイティブエージェンシーの日程

2,095人が登録中

すべての公演 出品中 (216) リクエスト中 (4)

もっと見る(174件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

よしもとクリエイティブエージェンシーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 18:00更新)

よしもとクリエイティブエージェンシーについて

よしもとクリエイティブエージェンシーとは

よしもとクリエイティブエージェンシーは吉本興業の事業子会社であり、事業会社全てに付く「よしもと」は「吉本興業」の生みの親である「吉本せい」から取られたものである。吉本興業が持ち株会社制に移行した際に、吉本興業に所属していたタレントはみなよしもとクリエイティブエージェンシー所属になった。
しかしテレビでお笑いタレントたちが自分たちの会社のことを「吉本興業」と言うために、世間一般では吉本興業とよしもとクリエイティブエージェンシーはほぼ同義としてとらえられている。
お笑い芸人以外にも数多くのタレントが在籍しており、女優の池脇千鶴や聖飢魔Ⅱのボーカル、デーモン小暮閣下などもよしもとクリエイティブエージェンシーの所属である。またスポーツ関連の人材も多く、元大リーガーの石井一久や黒田博樹、ボクシング元世界チャンピオンの井岡弘樹などが名を連ねる。
よしもとクリエイティブエージェンシーは吉本興業の本流である「芸能」、中でも特に「お笑い」という側面を色濃く受け継いでいる。そのためなのかどうかは分からないが、現代表取締役社長の岡本昭彦と代表取締役副社長の藤原 寛は共にお笑いコンビのダウンタウンの元マネージャーである。

よしもとクリエイティブエージェンシーが好きな方はこんなチケットもおすすめ