2011年に常設劇場として24年ぶりに開館して以来、吉本の誇る人気芸人たちが連日爆笑のステージを繰り広げることで、世界に誇る日本一の観光地京都の新たな注目の観光スポットとして人気を集めるよしもと祇園花月。オール阪神・巨人や大木こだまひびき、中田カウス・ボタンをはじめ、これまでの吉本を牽引してきたベテラン漫才師や、笑福亭仁鶴や月亭八方などの上方落語のトップに君臨する落語家、笑い飯やCOWCOW、レイザーラモンなどと、ベテランから若手まで多種多彩な芸人たちの抱腹絶倒のステージが楽しめる。関西人にとってお馴染みである吉本新喜劇の爆笑、涙、そして人情味の溢れた舞台は、一度見たら病み付きになること間違いなし。

よしもと祇園花月の日程

545人が登録中

すべての公演 出品中 (28) リクエスト中 (0)

もっと見る(197件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

よしもと祇園花月のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/26 00:00更新)

吉本祇園花月について

吉本祇園花月の魅力とは

京都にある吉本祇園花月は吉本興業に所属するお笑い芸人のための劇場である。連日漫才や落語、新喜劇が行われていて、週末には特別公演などのイベントも開かれている。若手からベテランまでお笑いファンにはたまらない時間が過ごせるはずだ。劇場はレトロな雰囲気が漂っており、新喜劇を観るのにぴったりな雰囲気となっている。笑いの真骨頂は舞台である。テレビとはひと味違う、生のステージで見るお笑い芸人たちの熱のある芸は、本物の実力を知るとともに、笑いの概念が変わってしまうほどのインパクトを感じるはずである。特別公演では、人気芸人ロザンと今後の日本について考える立案ライブ「ロザンの日本向上委員会」や東西の今注目の芸人が集う「トウザイイマキテルライブ」など項目が行われている。2017年の5月からは、毎週末朝一の公演を行う。朝一の爆笑で、1日笑顔が絶えない日にすることができるだろう。お笑い劇場に足を運んだことのないお笑い初心者、新喜劇大好きな昔からのファン、テレビで好きになった芸人がいる人、どんな人でもお笑いが好きであれば確実に楽しむことができるだろう。本物の笑いを知りたければ、是非チケットを手によしもと祇園花月へ。

よしもと祇園花月が好きな方はこんなチケットもおすすめ