YOSHIKIは、1989年にメジャー・デビューしたロックバンド、「X JAPAN」のドラマー、ピアニストとしてリーダーを務めている。バンド活動だけでなく、ソロ活動やプロデューサー業など多方面でその才能を発揮している。日本に留まらずに常に世界にも目を向け、今となっては世界的にもYOSHIKIの存在感は抜群と言えるだろう。プロデュース業としては、1986年に設立したインディーズレコード会社「エクスタシーレコード」から、LUNA SEAGLAY、ZI:KILLなどを輩出。当時大ブームとなっていた、ヴィジュアル系バンド(V系)のパイオニア的存在となった。更には、「天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典」や、「日本国際博覧会(愛知万博)」の公式イメージ・ソングなども手掛けている。音楽人として世界的に貢献しているYOSHIKIから今後も目が離せない。

YOSHIKI(ヨシキ)の日程

1,397人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

YOSHIKIのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(3/23 06:00更新)

YOSHIKIについて

YOSHIKIの魅力とは

現在の日本人のアーティストの中で、YOSHIKIほど世界に目を向けて、そして活動のフィールドの基準を世界に置いているアーティストも数少ないだろう。
特に日本ロック界を見渡してみても、YOSHIKIは傑出した存在であると言える。
X JAPANとして日本のみならず、世界的にも成功をおさめ、驚異的なドラミングだけでなく、彼のソングライターとして、そしてプロデューサーとして
様々なことに挑戦をし続ける彼の姿は、他のアーティストでは誰も追いつくことはできないと思わせるほどの、圧倒的なスケールの大きさを感じさせる。

プロデューサーとしては過去にGLAY、DIR EN GREY、工藤静香などの数多くの作品を手掛けてきた。
更には、「天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典」のための奉祝曲や、「日本国際博覧会(愛知万博)」の公式イメージ・ソングなども担当し、
プロデューサーとしてその才能を多方面で発揮してきた。

2013年には、約8年振りにソロ・アルバム「YOSHIKI CLASSICAL」をリリースし、ソロとして初となるワールドツアーも開催した。
現在も、多方面で存在感を発揮しているYOSHIKIが今後もどのような手腕で我々を魅了し続けてくれるのか興味深い。

YOSHIKI(ヨシキ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ