吉田たちは、2007年に活動を開始したよしもとクリエイティブエージェンシー所属のお笑いコンビである。ゆうへいとこうへいの双子の兄弟でコンビを組む大阪NSCの29期生で、同期には渡辺直美やジャングルポケットがいる。向かって右側に立つ青いネクタイをした兄のゆうへいは、ツッコミ担当。そして向かって左側に立つ赤いネクタイをした弟のこうへいは、ボケ担当でネタを作る。2013年にMBS漫才アワードで優勝し、2015年には上方漫才大賞の新人賞を受賞するなど数々のタイトルを獲得している。baseよしもと、5upよしもと、吉本漫才劇場、難波グランド花月で、「吉田たちの〜」とタイトルのついたソロライブをとにかくたくさんおこなっている。

吉田たちの日程

136人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

吉田たちのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/18 06:00更新)

吉田たちについて

吉田たちの魅力とは

1987年生まれの吉田たち。大阪府出身で、幼少の頃から家族でお笑いライブなどをよく見に行っていたという。2人ともサッカー少年であるが、生の漫才や「M-1グランプリ」などを見たことでお笑いの世界に興味を抱いた。思春期には双子であることがコンプレックスだったといい、双子であることがバレるのが嫌で、それを隠したままオーディションに臨んでいた。容姿は似ているが性格は正反対で、兄のゆうへいがポジティブなのに対し、弟のこうへいはネガティブだ。2度も解散を言い出し、復縁を申し出たのもこうへいである。しかし、大人になるにつれ双子のメリットも実感しているようだ。

同じ兄弟コンビである中川家や、40年以上も漫才を続けているオール阪神・巨人を尊敬している。 芸歴10年の節目にあたる2017年には、上方漫才協会対象を獲得し、ytv漫才新人賞で見事優勝を果たした。なんばグランド花月を中心に、ネタ2本ライブや15分の長尺漫才などといったライブを精力的に開催し、東京進出も視野に入れた活動をおこなっている。関西ではテレビ出演やラジオ出演も多く、知名度の高い彼らは、中川家の礼二やオール巨人などからも東京に進出するようにアドバイスを受け、2017年を勝負の年として意気込んでいる。

吉田たちが好きな方はこんなチケットもおすすめ