吉田正は茨城県出身の作曲家である。従軍中に作曲した「大興安嶺突破演習の歌」に、抑留兵の1人が歌詞を付け、広く歌われていた。これは後に佐伯孝夫が補作詞し、「異国の丘」としてビクターレコードより発売。この曲はこれまで多くの歌手に歌い継がれている。1949年に日本ビクター株式会社の専属作曲家として契約すると、「誰よりも君を愛す」で第2回日本レコード大賞を受賞した。1962年には、「いつでも夢を」で第4回日本レコード大賞を受賞し、この功績を称え「吉田正賞」が制定され、伝統的な日本の歌を充実させ、前進させた作曲家に贈られていた。1998年に肺炎のため死去すると、作曲家としては3人目となる国民栄誉賞を受賞し、今でも吉田正の栄誉が称えられている。

吉田正の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

吉田正について

吉田正の魅力とは

茨城県出身の作曲家吉田正。従軍中に作曲した「大興安嶺突破演習の歌」に、抑留兵の1人が歌詞を付け、広く歌われていた。これは後に佐伯孝夫が補作詞し、「異国の丘」としてビクターレコードより発売。この曲はこれまで多くの歌手に歌い継がれている。1949年に日本ビクター株式会社の専属作曲家として契約すると、「誰よりも君を愛す」で第2回日本レコード大賞を受賞した。また、1962年には「いつでも夢を」で第4回日本レコード大賞を受賞。この功績を称え「吉田正賞」が制定され、伝統的な日本の歌を充実させ、前進させた作曲家に贈られていた。

1968年には第10回日本レコード大賞特別賞、1969年芸術選奨文部大臣賞、1982年紫綬褒章などを受章。これまでに2400曲を超える作曲を手掛け、200曲以上のヒット曲を生み出している。吉田正の作風はモダンで常に歌謡曲界をリードしており、鶴田浩二、三浦洸一、フランク永井、松尾和子、橋幸夫、和田弘とマヒナスターズなど数多くのスターを育ててきている。1998年に肺炎のため死去すると、作曲家としては3人目となる国民栄誉賞を受賞。その後吉田 正生誕の地、茨城県日立市のかみね公園に「吉田正音楽記念館」が開設され今でもその栄誉が称えられている。

吉田正が好きな方はこんなチケットもおすすめ