吉田美奈子は、女性シンガーソングライターである。1953年4月生まれで、埼玉県さいたま市大宮区出身である。高校生の時に作曲活動をはじめ、シンガーソングライターとして活動を続ける中で、1973年20歳の時に1stアルバム「扉の冬」にて本格デビューを果たす。CM音楽の制作では、1985年に第33回「カンヌ国際広告映画祭」で銀賞を受賞している。これまでに20作のアルバムを発表する傍ら、他の歌手などへの楽曲提供やプロデュース、アレンジなども手がけている。2017年も積極的にライブ中心の活動を続けており、ピアニストの「森俊之」とジャズベーシストの「井上陽介」らと共に「THE TRIO 2017」にて全国を巡る。

吉田美奈子の日程

71人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

吉田美奈子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/26 06:00更新)

吉田美奈子について

吉田美奈子の魅力とは

吉田美奈子は、1969年から活動を続けているシンガーソングライターである。日本語ロックと呼ばれた独特の世界観で若者を魅了したロックバンド「はっぴいえんど」の細野晴臣と松本隆の勧めで楽曲制作を始めた。それ以降、ライブ中心のシンガーソングライターとして活動を続け、細野率いるキャラメル・ママ(後のティン・パン・アレー)の援助を受け、1973年、当時20歳の時に1stアルバム「扉の冬」にて本格デビューを果たす。以降も楽曲制作を続け、アンルイスや久保田利伸、中島美嘉、中森明菜、布袋寅泰、松田聖子、山下達郎へと楽曲を提供しており、その数悠に130曲以上を越すと言われている。

また、テレビCM用の楽曲制作も手がけており、1985年には第33回「カンヌ国際広告映画祭」で銀賞を受賞するなど、世界的に高い評価を受けている。これまでにアルバム作品を20作以上発表しており、どれも自身の個性を活かしながらも高いクオリティを維持している。2017年はピアニストの森俊之とジャズベーシストの井上陽介らと共に「THE TRIO 2017」にて全国を巡るライブツアーを開催している。今後も幅広い活躍が期待されるアーティストである。

吉田美奈子が好きな方はこんなチケットもおすすめ