第64回 よさこい祭り取扱中!よさこい祭りはパレード形式でよさこい踊りをしながら行われるお祭りである。1954年に高知県で初めて開催されてから大人気となり、1992年に北海道で行われたことを皮切りに全国に広まった。よさこい踊りは鳴子という楽器を両手に持ち踊られる。現在全国各地で行われており、日本を代表するお祭りとなった。代表的なよさこい祭りは高知県の「よさこい祭り」、北海道の「YOSAKOIソーラン祭り」、東京の「原宿表参道元氣祭」である。今後も各地で行われると予想されており、その人気は計り知れない。2017年夏も全国で行われる。中にはチケット制で座席を確保して見ることができる祭りもあるので、随時情報をチェックしてほしい。

第64回 よさこい祭り

115人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

よさこい祭りのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/28 12:00更新)

よさこい祭りについて

よさこい祭りの魅力とは

よさこい祭りは全国で行われている日本を代表するお祭りである。高知県発祥のお祭りで、現在でも高知県では前夜祭、後夜祭を含め4日間で盛大に行われている。鳴子を持って踊るよさこい踊りをしながらパレード形式で街を練り踊る。幼稚園児からお年寄りまで幅広い年代が参加するお祭りである。チーム形式で参加する人が多い。

高知県の「よさこい祭り」はテレビ放送されるほどの人気がある。王道のよさこい踊りが見ることができる。よさこい鳴子踊りのメロディを必ず入れなければならないが、曲のアレンジは自由となっていて各チーム多種多様な踊りを見せてくれる。賞も多く用意されており、参加者、観覧者ともに毎年多くの盛り上がりを見せる。

北海道の「YOSAKOIソーラン祭り」は1992年に3会場で初開催されてから33会場で行われた年もあり、年々人気を伸ばしている。2010年には観客数が218万人にさっぽろ雪まつりと並ぶ、北海道を代表するお祭りとなった。ここで行われる踊りはよさこい踊りに地元の踊りであるソーラン節のフレーズを混ぜた曲で踊られる。また大旗などを用いるチームもあり、北海道ならではとなっている。

近年では原宿表参道で行うなど、都内でも見ることができる。あなたもお近くのよさこい祭りに足を運んでみてはいかがだろうか。

よさこい祭りが好きな方はこんなチケットもおすすめ