ヨルハ 舞台とは、2014年に初演を迎えた舞台作品であり、人気テレビゲームシリーズ「NieR」の世界観を継ぐスピンオフ作品となっている。ゲーム中で語られる「真珠湾降下作戦」を物語の舞台として、全編女性のみのガールズ演劇として話題を集めた。その約半年後に「ヨルハ Ver1.1」を上演、再演でありながら新たなキャストを迎えた作品となっている。本作のタイトルでありキーワードにもなっている「ヨルハ」とは、人類がエイリアンと戦う為に作り出したアンドロイド兵士。中には感情を見出す存在もおり、シリーズを通しての重要な存在となっている。2018年には舞台版の再々上演が決定。音楽に力を入れた「音楽劇ヨルハ」と全く新しい物語が展開する「少年ヨルハ」の2つが上演される。

ヨルハ 舞台の日程

66人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

六行会ホール

シアター1010

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヨルハのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 18:00更新)

ヨルハ 舞台について

ヨルハ 舞台の魅力とは

ヨルハ 舞台とは、人気ゲームシリーズ「NieR」のスピンオフとなる舞台作品。ゲームの世界を引き継ぐ物語、オール女性キャストと大きな注目を集めている人気舞台シリーズである。原作となるテレビゲーム「NieR:Automata」は2017年に発売され全世界で200万本を超える大ヒットを記録した作品で、骨太なアクションと重厚なストーリーが人気の要因となっている。

舞台作品にもそのアクション要素とストーリーを迎え、ゲームでは語られなかった物語が展開している。ゲーム同様、原作・脚本を担当するのはディレクターのヨコオタロウ。原作の舞台となるのは今より遥か未来の世界。エイリアンの襲撃にあい、月まで逃げることを余儀なくされた人類の戦いを描いている。人類が対エイリアンのために用意したのがアンドロイド兵士「ヨルハ機体」。命令を受け戦いに挑む機械の身体を持つ彼らだが、次第に自身の存在の真実を知ることになる。

銃や刀を用いての殺陣はゲーム同様舞台版でも披露されており、可憐な少女達が迫力のアクションを見せる舞台ならではの醍醐味にファンは酔いしれる。そこにヨコオタロウならではの重厚なシナリオ、そしてゲームファンも嬉しい音楽が流れるとまさにそこはゲームの世界となる。

ヨルハ 舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ