yonige(ヨニゲ)とは大阪寝屋川を拠点に活躍しているヴォーカル、ギター担当の「牛丸ありさ」とベース、コーラス担当の「ごっきん」による2人組ガールズロックバンドである。2014年に「女の子の逆襲」をリリース。「女の子の日 」、「灰色の世界」、「さよならバイバイ」が収録されている。「さよならバイバイ」は切ない歌詞が際立ちすばらしい曲となっている。2015年、ミニアルバム「Coming Spring」をリリース。メッセージ性が高く動画も公開されている「アボカド」も収録されており初アルバムにして完成度の高い作品となっている。このyonigeのアルバムはインディーズレーベル「small indies table」の第1弾リリース作品となっている。

yonige(ヨニゲ)の日程

116人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

yonigeのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

yonige(ヨニゲ)について

大阪寝屋川発信の2人組みガールズロックバンド・yonigeとは

yonige(ヨニゲ)は洗練されたメロディーセンスとどこかもどかしい切ない胸に突き刺さる歌詞が第注目されている大阪寝屋川発信の2人組みガールズロックバンドだ。
ヴォーカル、ギター担当のオーストラリアと日本人のハーフの牛丸ありさとベースのごっきん。
最近のキラキラとしたアイドル的な若い女の子の曲とは違い「つらく悲しい失恋」を「切実に痛々しくリアル」に歌いこんでいる。
2015年にリリースしたミニアルバム「Coming Spring」は10代から20代の若い世代に支持されロングセラーとなっている。
「さよならアイデンティティー」から始まり「バッドエンド週末」につながりネットで話題となり人気曲となった「アボカド」、そして畳み込むようにメロディアスな曲がつづき「さよならバイバイ」でアルバムがしめられる。
そんな完成度の高さだった「Coming Spring」から1年弱、2016年7月に待望のミニアルバム「かたつむりになりたい」をリリースする。

この「かたつむりになりたい」のリリースにあわせて全国ツアーを発表した。
生のライブでyonige(ヨニゲ)の曲を全国で楽しめるまたとないチャンスだ。

yonige(ヨニゲ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ