米津玄師は、「ハチ」名義でニコニコ動画で、本人歌唱によるオリジナル楽曲を投稿したのを皮切りに、VOCALOIDによるオリジナル楽曲の投稿によって、「マトリョシカ」や「パンダヒーロー」、「結ンデ開イテ羅刹ト骸」などのミリオン再生越えとなるヒット曲を連発。総再生回数2,000万回超えを記録するなど、VOCALOIDシーンの中で突出した存在感を見せてきた。2010年に「ハチ」名義で、「花束と水葬」、「OFFICIAL ORANGE」の2枚のアルバムをリリースし、その中毒性の高いロックサウンドは大きな注目を集めると、2012年には本名である米津玄師名義で、作詞・作曲から演奏、ミックスに至るまで全てを自身で手掛けたことに加え、さらに自身がボーカルをとったアルバム「diorama」をリリースすると、その独自のサウンドと、リアリティ溢れる詞の世界が大きな評判を呼び、たちまち音楽チャートの上位にランク・インするなど大きな注目を集め、さらに動画やアート・ワークに至るまで手掛けたことで、その独特の世界観は多方面から高い評価を集めるようになる。そして2013年、満を持してシングル「サンタマリア」でメジャー・デビューを果たした米津玄師は、デジタルサウンドをベースに、バンド形式を意識した新しい音楽の世界を切り開き、さらにその活動のフィールドを拡大している。

米津玄師の日程

7,297人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

米津玄師のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/21 18:00更新)

米津玄師について

米津玄師とは

ボカロP出身のアーティストとして、最も成功し世間に認知されたのがこの「米津玄師(よねづけんし)」だ。「ハチ」名義でも活躍している彼の紡ぎ出す音楽の中では、暗く不気味なものや切ないもの、それから暖かくほっこりするものまで、様々な世界観を見せつけている。

2009年にデビューすると、4年後の2013年にはすでに第5回CDショップ大賞に入賞、それからさらに2年後の2015年には第57回日本レコード大賞で優秀アルバム賞を受賞している。歌に対する評価は言うまでもなく高いものの、イラストレーターとしての手腕も発揮しておりその多彩さには驚かされるばかりだ。

さらに、2016年9月に発売されたシングル「LOSER」のMVの中では、華麗なダンスを披露。とてもダンス初挑戦とは思えない軽快なステップだが、音楽に携わる表現者としてますますの魅力がかかっていく彼の最新作には常に期待が高まっている。

現在の若さでここまで台頭し、後にはさらにライブ・シーンでの活躍が期待される米津玄師。そうなればチケットは激戦必至になることは間違いないだろう。ライブのチケットを手にした人は、米津玄師がきっと新たな音楽の世界へと導いてくれるはずだ。

米津玄師が好きな方はこんなチケットもおすすめ