YONEX OPEN JAPAN」は、1982年に日本初の賞金付き国際大会として始まった。本大会は当初から世界の有名選手が日本に集結し、トップレベルの試合を繰り広げるということで人気を博していた。現在も唯一のBWFスーパーシリーズとして開催されており、男子シングルス、女子シングルス 、男子ダブルス、女子ダブルス 、混合ダブルスの5種目で競われている。出場するメンバーはオリンピック優勝者や、次世代エース選手などまさに強豪揃いだ。2016年はリオ五輪優勝者のキャロリナ・マリンや、準優勝者リー・チョンウェイなどが出場予定である。これだけのメンバーが揃った試合は激戦必至であり、どの試合も見逃せないものとなることだろう。

YONEX OPEN JAPANの日程

68人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ヨネックスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヨネックスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 18:00更新)

YONEX OPEN JAPANについて

YONEX OPEN JAPANの魅力とは

「YONEX OPEN JAPAN」は、日本で唯一のBWFスーパーシリーズだ。本大会では男子シングルス、女子シングルス 、男子ダブルス、女子ダブルス 、混合ダブルスの5種目で、バドミントンの試合が行われる。

本大会の起源は、1982年の「ヨネックスカップ・ジャパンオープン」まで遡る。日本で初めて賞金付きのバドミントン国際大会として開催され、世界のトッププレーヤーが集まり熾烈な戦いを繰り広げた。その後1984年には、当時のバドミントン王者であるリム・スイ・キンが登場。しかし決勝戦でデンマークのモルテン・フロストが王者を破って優勝を果たし、大きな話題を呼ぶ試合となった。さらに1988年には20ヶ国170選手が出場し、史上最大の大会規模へと成長する。1991年に大会は10周年を迎え、出場数は25ヶ国262選手までに増える。またその年には大会名も現在と同じ「YONEX OPEN JAPAN」へと変更され、新たな歴史に幕を開けた。

2011年に30周年を迎えた「YONEX OPEN JAPAN」は、ますますその注目度を増していると言えるだろう。毎年この大会に出場するのは、文字通りトップレベルの選手ばかりである。世界選手権で優勝を果たしている選手や、五輪のメダル獲得選手、さらには期待の若手までが揃うこの大会は、今年も世界中から注目されるに違いない。

YONEX OPEN JAPANが好きな方はこんなチケットもおすすめ