「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン」とは世界中のトッププレイヤーが集結するバドミントンの世界大会。1982年に記念すべき第1回大会を開催。高額な優勝賞金に加えその年の最高峰のプレイヤーが集まり世界的に大きな話題となった。第1回大会の会場は兵庫県、日本からは長谷川博幸が出場するなど大会を大いに賑わせた。以降も毎年決まった時期に開催され、バドミントンの国際大会として高い知名度を誇っている。2017年には東京都にて秋に開催。日本バドミントン協会主催の大会として日本をはじめ世界中からスター選手が集まっている。この大会はワールドスーパーシリーズと呼ばれるバドミントンの世界的な大会の一つ。そしてこの上にあるオリンピックへ続く戦いでもあり選手の熱い想いも加わっている。

YONEX OPEN JAPANの日程

150人が登録中

現在登録されている公演はありません

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ヨネックスオープンジャパンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヨネックスオープンジャパンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 12:00更新)

「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン」について

「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン」の魅力とは

「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン」は、毎年日本で開催されるバドミントンの国際大会。毎年ドラマチックな試合展開となり、選手観客共に手に汗握る戦いを見せ世界中で大きな注目を浴びている。当初は年明けの1月に開催される大会として注目を浴びていたが、1999年の第18回目となる大会からは4月の開催となる。その後2007年からは夏の終わり9月の開催が決定するなど季節をその都度変えて行われてきた。開催当時は優勝賞金が1,000万円、高くなると1,500万円にも上る大会として高い注目を浴びており、1982年の第1回大会では、バドミントン界で世界初となる賞金付きの大会としても大きな話題をさらった。現在では度重なる日本人選手の活躍のおかげで大きな人気となるスポーツであり、賞金以外の面でも高い注目を集めている。

2017年からはスポンサーにダイハツが参加することで新たな大会となり、そして熱を持ちこれまで以上の展開を見せる。その年には約200人という数の選手が世界から集まっており、しのぎを削る戦いが繰り広げられている。同年には日本勢もワールドスーパーシリーズにて3種目制覇を遂げており、例年よりも熱い戦いが展開する大きな期待が掛かっている。増々勢いを伸ばすバドミントン界、この大会をスタートとしさらなる活躍を見せることになるだろう。

YONEX OPEN JAPANが好きな方はこんなチケットもおすすめ