読売日本交響楽団は、1962年から活動しているオーケストラである。正式名称は公益財団法人読売日本交響楽団となっており、愛称は「読響(よみきょう)」である。1962年に読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビの3社が母体になって設立されており、世界的に見ても新聞社が母体になっておりオーケストラはこの楽団だけと言われている。日本を代表するオーケストラの1つとして知られ、定期演奏会を主として「土曜・日曜マチネーシリーズ」や「みなとみらいホリデー名曲シリーズ」、「パルテノン名曲シリーズ」など複数の演奏会を開催している。また、年末に開催される「第九 特別演奏会」は、日本テレビの特別番組「ベートーヴェン第九コンサート」として放送されていることも特徴である。

読売日本交響楽団の日程

743人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

東京芸術劇場他3会場

フェスティバルホール

パルテノン多摩

森のホール21

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

読売日本交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/15 06:00更新)

読売日本交響楽団について

読売日本交響楽団の魅力とは

読売日本交響楽団は、読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビの3社が母体になって設立されたオーケストラである。1962年4月に設立されており、同年6月には初の公演を開催しており、翌1963年からは日本テレビで関連番組が放送されている。
本オーケストラは、設立当初から「海外からの著名指揮者招聘」を掲げており、歴代の指揮者には世界的に著名な指揮者の名が連ねられており、ハインツ・レーグナーや若杉弘などが挙げられる。また、第7代指揮者のゲルト・アルブレヒトによって、本オーケストラの演奏レベルは格段に引き上げられているほか、第8代のスタニスラフ・スクロヴァチェフスキは高い評価を受けている。2010年4月からは、第9代常任指揮者にフランスのシルヴァン・カンブルランが就任しており、2015年3月からは欧州公演を行い、現地の関係者から最上級の評価を受けている。現在、首席客演指揮者にはコルネリウス・マイスターが、名誉指揮者にはゲンナジー・ロジェストヴェンスキーならびにユーリ・テミルカーノフが、名誉客演指揮者には尾高忠明、さらに特別客演指揮者には小林研一郎が就任しているほか、名誉顧問は高円宮妃久子殿下が担当している。

読売日本交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ