「欲望という名の電車」は劇作家テネシー・ウィリアムズが遺した多くの戯曲の内の1つである。1947年にニューヨークにて初公演された。1951年にエリア・カザンが監督で映画化された。1998年にアンドレ・プレヴィン作曲でオペラ化されサンフランシスコ歌劇場で初公演された。その後も世界各地で舞台劇やオペラなどでこの作品が用いられている。日本でも度々公演されており、ブランチ役に杉村春子、水谷八重子(2代目)、岸田今日子、東恵美子、栗原小巻、浅丘ルリ子、樋口可南子、大竹しのぶ、高畑敦子などと多くの俳優達が演じている。アメリカではTVドラマとしても起用されプライムタイム・エミー賞を得るなど多くの反響を得た。

欲望という名の電車の日程

210人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

欲望という名の電車の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

欲望という名の電車のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 06:00更新)

欲望という名の電車について

欲望という名の電車の魅力とは

世界各地で今も公演され続けいる名作「欲望という名の電車」を語るのならば、まず作者であるテネシー・ウィリアムズついて語るべきだろう。彼は家庭環境に恵まれておらず、父親は粗暴で酒と賭博が大好きな人であり家にいることも少ないという出来た人間とは言い難い人物である。そして母親は神経質でヒステリックであった。そして彼を取り巻く環境は上流階級が住む穏やかで豊かな南部から、工業都市のアパート暮らしに一変した。愛する姉は精神病を患っており、両親はそんな彼女に対しロボトミー手術の許可をした。

このような彼の経験こそが彼の作品に大きな影響を与えている。そして「欲望という名の電車」はそんな彼の経験があるからこその悲しみと狂気に満ちている。特に主役であるブランチに込められた想いは一言で言い表せるものではないだろう。序盤からみせている気品溢れる彼女が事実とは違う幻想であること、その幻想を周りの人が知ってからの転落人生。まるでいい夢を見ていたら急にその夢よりも激しい悲しみが溢れる現実を突きつけられるような感覚に陥る。楽しい話しでは決してないが、この戯曲が魅せるその生の感情をむきだした強烈な一撃はあなたの心を貫くだろう。

欲望という名の電車が好きな方はこんなチケットもおすすめ