横山幸雄は、日本を代表するピアニストである。1971年2月19日生まれで、東京都三鷹市出身である。1990年当時19歳の時に、第12回ショパン国際ピアノコンクールにおいて最年少で3位入賞を果たし、実力を備えた世界的なピアニストとして一躍認識されるようになった。1998年からは上野学園大学で指導家として活躍しはじめ、2003年から2017年までの間は教授を務めている。2009年のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した盲目のピアニスト辻井伸行を育てたことでも知られている。昨今では、広島市内の私立大学エリザベト音楽大学で客員教授を務めながら、後進の指導に積極的に取り組んでいる。 世界的に認められたピアノの演奏技術は一見に値する。

横山幸雄の日程

110人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

横山幸雄のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/20 18:00更新)

横山幸雄について

横山幸雄の魅力とは

横山幸雄は、日本が誇る世界的ピアニストである。1971年2月19日生まれで、東京都三鷹市出身である。16歳で渡仏し、ピアノの腕を磨いた。1990年19歳の時に、最年少で第12回ショパン国際ピアノコンクールにおいて3位入賞を果たすという快挙を成し遂げ、世界中から注目を集めるようになった。以降は、古典音楽から近代音楽、独奏曲、協奏曲と幅広いジャンルにおいて、才能を発揮し活躍し続けている。また、1998年からは名門音楽大学である上野学園大学で指導家として活躍をはじめ、盲目のピアニストとして知られる辻井伸行を育てた。2003年から同大学で教授として指導にあたり、現在は広島市内の私立大学エリザベト音楽大学で客員教授を務めながら、後進の指導に積極的に取り組んでいる。並行してコンサートも企画しており、2010年には、ショパンのピアノソロ全166曲を一日で弾く「ショパン・ピアノ・ソロ全166曲コンサート」を開催し、ギネス・ワールド・レコーズ社から「24時間で最も多い曲数を1人で弾いたアーティスト」の認定を受けた。また、翌2011年には、現在確認されているショパンの全独奏曲(未発表曲含む)212曲を全て暗譜で弾き通し、自身の「24時間で最も多い曲数を1人で弾いたアーティスト」の記録を更新した。

横山幸雄が好きな方はこんなチケットもおすすめ