横澤夏子は新潟県出身、よしもとクリエイティブエージェンシーに所属するお笑い芸人である。幼い頃からとにかく目立ちたがり屋だったという横澤夏子。中学3年生の時にルミネtheよしもとでのライブを観て、高校卒業後にNSC東京校に第15期生として入学した。19歳の時にヨシモト∞(むげんだい)ホールで初舞台を踏み、2012年に新宿シアターブラッツにて初の単独ライブ「ラッキーガール」を開催。2015年には若手芸人のコンテスト「彩バトル」にて優勝を飾った。これは女芸人では初めての快挙として話題となった。横澤夏子の持ち味は身近な人達のモノマネだ。俳優やミュージシャンではなく、ごく普通のOLや教師のモノマネで人気を博している。

横澤夏子の日程

13人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

横澤夏子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/30 00:00更新)

横澤夏子について

横澤夏子の魅力とは

新潟県出身、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属するお笑い芸人 横澤夏子。
2015年に若手芸人のコンテスト「彩バトル」にて女芸人として初めての優勝を飾り話題になる。横澤夏子のモノマネは芸能人やアーティストではなく、ごく普通のOLや教師など、身近な人達のモノマネだ。
「音楽の先生」のモノマネは代表作とされており、日本テレビ「ものまねグランプリ」では初出場にして初優勝を達成。とんねるずの「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」では「ちょっとイラっとくる女」のモノマネを披露し、準優勝を飾っている。「鍋を囲む女」、「二日酔いの女」、「アラサー女のあるある」、「モデルがするモノマネ」など周囲の女性をいじるネタが人気を博し、ブレイクを果たしている。この様に周辺の女子への観察力から恋愛アドバイスをする「夏子恋愛塾」も好評で、まだまだ新しい展開が期待できそうだ。
2016年には「ルミネtheよしもと ボートレース芸人ライブ 2016 師走 inルミネ ~年末総まくり クイーンズ大集合スペシャル~」や「ヨシモト∞ホール R-1フェスティバル2016」への参加、「横澤夏子初単独ツアー 夏真っ盛りガール 東京公演」の開催など、今後の更なる活躍に期待が寄せられている。

横澤夏子が好きな方はこんなチケットもおすすめ