ヨコハマ映画祭は、神奈川県横浜市で開催される映画の祭典だ。はじまりは、映画好き3人のサラリーマンによる手作りの映画祭であった。1980年に第1回目が行われるとすぐに大きな話題となり、それ以来毎年2月に開催されている。本映画祭の見どころは、世間を席捲した俳優陣や監督が出席する授賞式だろう。過去には山田孝之リリー・フランキー福山雅治二階堂ふみなど、そうそうたる面々が授賞式に参加している。他とは一線を画すユニークな視点が魅力である本映画祭は、日本映画の1年間の集大成であると言っても過言ではない。映画を深く語り感じ合える「ヨコハマ映画祭」を訪れれば、ますます映画が好きになること間違いなしである。

ヨコハマ映画祭の日程

110人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ヨコハマ映画祭の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヨコハマ映画祭のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/20 18:00更新)

ヨコハマ映画祭について

ヨコハマ映画祭の魅力とは

ヨコハマ映画祭は、映画好きサラリーマン3人による「手作りの映画祭」として始まった。第1回目は「太陽を盗んだ男」が作品賞を受賞し、主演男優賞には緒方 拳が、主演女優賞には水原ゆう紀が選ばれている。この第1回目は大きな反響を巻き起こし、それ以降は毎年恒例の開催となった。他の映画賞とは異なる独自の視点が評判で、毎年この映画祭には日本全国から映画ファンが集まっている。過去には「おくりびと」「それでもボクはやってない」「海街diary」などの優れた作品が作品賞に選ばれた。本映画祭は各方面からも高い評価を得ており、1998年には「第47回横浜文化賞奨励賞」を、2000年には「第22回サントリー地域文化賞」を受賞している。

日本映画1年の集大成とも称される「ヨコハマ映画祭」では、前年に公開された話題の国内映画作品が中心として上映される。良質な邦画を1日に3本観ることができるのも、映画好きにはたまらないところだ。そして目玉の1つである授賞式は、毎年受賞者の出席率が高いということでも知られている。役者や監督から撮影秘話を聞くことができるのも、映画祭ならではの見どころだと言えるだろう。映画好きならば、ファンと映画人の想いがひとつになる「ヨコハマ映画祭」は要チェックだ。

ヨコハマ映画祭が好きな方はこんなチケットもおすすめ