なにわ淀川花火大会2017とは、大阪で開催される花火大会である。2017年で29回目を迎える夏の大阪恒例行事となっており、毎年多くの人を足を運んでいる。開催される場所は大阪の都市部から少し離れた淀川河川敷。川のゆったりとした流れの正反対となるダイナミックで迫力ある景色を浮かび上がらせる。その数約2万発。その迫力ある花火の音は花火の見えない遠く離れた場所まで聴こえてくる。関西屈指の規模の花火大会であり来場者数はなんど50万人を超えている。その様子は夏の風物詩を越えた大イベント。そのため会場までたどり着くのも少しの苦労を味わうことになるが、それもまた一大イベントの醍醐味である。少しの苦労を越えた先に待ちに待ったあの景色が広がるのであり最高の瞬間へと変わるのである。

なにわ淀川花火大会 2017の日程

599人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

なにわ淀川花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

なにわ淀川花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/16 18:00更新)

なにわ淀川花火大会について

なにわ淀川花火大会の魅力とは

なにわ淀川花火大会2017とは、大阪で開催される関西地方有数の一大花火大会である。本大会の大きな特徴となるのは、大阪のビル群と共に映る花火の姿である。広い空があるわけでも、雄大な土地が広がるわけでもない大阪の都市をバックに、いっぱいの光に包まれた花火が打ち上がる姿は圧巻である。それは大阪という場所での花火の醍醐味であり魅力の一つ。50万人以上の人で会場が埋め尽くされ、その場は花火以上の賑わいとなる。

そんな中やはり会場まで向かうのは困難な道のり。有料席も出されるが先着順なので手に入らないことも多い。そこで人気なのが、これもまた大阪の花火大会の魅力である近隣施設からの鑑賞。梅田スカイビルでは当日、花火の打ち上げに合わせ定員を設けて展望台を開放している。他にも近隣施設で淀川花火大会に合わせたプランを用意している所もあり要チェックである。本花火大会では舞台となる淀川ならではの演出も光る。淀川の魅力をふんだんに活用した「水中花火」に大玉の連続。キャラクターをかたどった花火など毎年趣向を凝らしている。夏のたった1日だけ、2万発にも及ぶ花火が大阪の夜空を大きく照らし人々に感動をもたらしている。普段多くの人で賑わう大阪がその夜だけ少し静かになる瞬間である。

なにわ淀川花火大会 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ