柳家喬太郎(やなぎや きょうたろう)は、昭和38年生まれの落語家。本名は小原正也。師匠は、人情噺の達人として知られている柳家さん喬。出囃子は「まかしょ」、紋は「丸に三つ柏」。喬太郎は新作落語と、古典落語のどちらも得意としていることが特徴。古典においては滑稽もののみならず、「死神」「蛇含草」などといった噺でも彼の才能が発揮されている。大学時代は落語研究会に所属し、日々落語づけの生活を送った。老人ホームの慰問や成人式で落語を演じ、関東大学対抗落語選手権で優勝した経験を持つ。柳家喬太郎の落語の才能は高く評価されており、その幅の広さと語り口は人々を惹きつける魅力に溢れている。

柳家喬太郎の日程

311人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

柳家喬太郎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

柳家喬太郎について

柳家喬太郎の魅力とは

柳家喬太郎(やなぎや きょうたろう)は、昭和38年生まれの落語家。本名は小原正也。師匠は人情噺の達人である柳家さん喬である。大学時代は落語研究会に所属し、関東大学対抗落語選手権では優勝。在学中にはフジテレビ「欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子」に「悪い下宿人」として出演した経験がある。大学卒業後は一度大手書店に勤めるが、落語家になることを決意し1年後に退職。平成元年に人柳家さん喬に入門した。初高座は「道灌」。

1998年には創作落語「午後の保健室」を演じ、NHK新人大賞の落語部門で大賞に輝いた。2000年に真打昇進し、その名はますます拡大していった。2006年には「文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」を受賞。3年後には文藝春秋社から発刊されている「今おもしろい落語家ベスト50」にて、1位に選出されている。

2013年からは雑誌「週刊文春」の川柳投稿コーナー「川柳のらりくらり」の選者を担当し、TOKYO FMの番組「柳家喬太郎のピロウトーク」ではパーソナリティを務めている。また、映画『スプリング、ハズ、カム』では初出演を果たすなど活躍の幅は、本業の落語以外にも多岐に渡る。まさに人気落語家の1人である柳家喬太郎(やなぎや きょうたろう)。近い将来は名人候補であると、内外から期待されている人物だ。

柳家喬太郎が好きな方はこんなチケットもおすすめ