男性ヴォーカルグループ「ゴスペラーズ」のメンバーである安岡 優。「永遠に」「ミモザ」「星屑の街」などの名曲を含め、ゴスペラーズのほとんどの曲を彼が作詞している。通常は、「作詞」と表記されるのが一般的だが安岡は作品を一つの「詩」として作成しているため「作詩」と表記しているのが特徴的である。また、自身のグループだけでなく郷 ひろみ鈴木雅之V6テゴマスなど他の人気アーティストへの楽曲提供も数多い。2015年には、初のソロアルバム「バラードが聴こえる」をリリースするなどソロ活動も活発に行っている。楽曲提供、プロデュース、ソロ活動などメンバーの中でも多才な活動を展開している安岡 優からは目離せない。

安岡優の日程

64人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

安岡優の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

安岡優のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

安岡 優(ゴスペラーズ)について

安岡 優の魅力とは

安岡 優は人気男性ヴォーカルグループ「ゴスペラーズ」のメンバー。
早稲田大学のアカペラ・サークル「Street Corner Symphony」に加入し、1994年にゴスペラーズの一員となり在学中にメジャーデビューを果たしている。その甘い独特の歌声で我々を魅了してくれる安岡だが、ゴスペラーズのほとんどの曲で作詩しており、他の人気アーティストへの楽曲提供なども数多い。普通、「作詞」とするのが一般的となっているが、彼の場合は、作品を一つの「詩」として作成しているため「作詩」と表記されているのが特徴。現在では、楽曲提供だけでなく、プロデュースやソロ活動など多才な活動を展開しており日本のヴォーカルグループのパイオニアとしてアジア各国でも作品がリリースされている。

ソロ活動では、約2年間に渡りぴあ誌で連載され2010年に刊行された、初の著書で映画エッセイ本「架空の主題歌」に音源を9曲付属。2013年にはその9曲に新曲3曲を加えた12曲で「架空の主題歌&社会の窓」として各主要サイトでの配信が開始され、2015年にアルバム「バラードが聴こえる」で初のCDをリリースした。
ゴスペラーズでも、「永遠に」「ミモザ」「星屑の街」など誰もが知る数々の名曲を残してきた安岡 優。
今後も彼からどんな「詩」が生まれるのか注目したい。

安岡優が好きな方はこんなチケットもおすすめ