とにかく明るい安村は、北海道出身よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いタレントである。札幌にも吉本興業の事務所があるが規模が小さいのに不安を感じ東京のNSC6期生として入学した。2000年幼稚園の頃からの幼馴染である栗山直人とお笑いコンビ「アームストロング」を結成。なおコンビ名はペナルティのワッキーが命名し、それまでは「シベリアンハスキー」というコンビ名だった。芸風はコントと漫才両方とも行っており主に栗山がボケ・安村がツッコミを担当していた。2010年NHK新人演芸大賞演技部門で東京吉本では初の対象を受賞。2014年4月コンビは解散し栗山は退社、安村も退社し北海道に帰ろうとしたが妻に止められピン芸人「とにかく明るい安村」で再スタートを切る事となった。

とにかく明るい安村の日程

24人が登録中

すべての公演 出品中 (36) リクエスト中 (0)

もっと見る(47件) 閉じる

キーワード

枚数

席種

全て

府中の森芸術劇場他2会場

秋川キララホール

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

とにかく明るい安村のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 06:00更新)

とにかく明るい安村について

とにかく明るい安村の魅力とは

とにかく明るい安村は、北海道出身よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いタレントである。本名は安村昇剛だ。2000年お笑いコンビ「アームストロング」を結成し2014年解散。以降はピン芸人「とにかく明るい安村」で活動を開始。初期のネタは、フリップネタ・高校球児ネタ・漫談など様々なネタに取り組んでいた。色々としていくうちにブレイクのきっかけとなるネタにたどり着いた。「穿いてますよ」のフレーズは、ニコニコ動画の番組中のやりとりの中で、「安心してください」のフレーズは、テレビ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の大晦日恒例「絶対に笑ってはいけない大脱獄」のネタ見せでブレイクを巻き起こした。このように徐々に作り上げられていった。なお、AKB渡辺麻友のファースト写真集の表紙からヒントを得ている。パンツ一丁のネタ中に流れるBGMは完全なオリジナル曲で、作曲家の藤井りょうはんが依頼され制作。すぐにひらめいたが完成するのに3日間期間を要したそうだ。ブレイク後はバラエティ番組に引っ張りだことなり、ドラマや声優の仕事のオファーもあり、テレビドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」劇場アニメ「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」にも出演している。

とにかく明るい安村が好きな方はこんなチケットもおすすめ