柳家花緑は、戦後最年少の22歳で真打昇進を果たした落語家である。本名を小林九(きゅう)と言い、1971年8月2日生まれで、東京都豊島区目白出身である。1987年に中学を卒業すると、祖父の5代目柳家小さんに入門しており、その時の前座名は九太郎である。2年後の1989年に二ツ目に昇進し、小緑に改名している。そして1994年には、22歳の若さで真打昇進を果たし、現在の柳家花緑となり、今も活動を続けている。また、2003年から2006年までNHKの教育テレビ「にほんごであそぼ」に出演し、「寿限無」を披露するとたちまち子供達の間で大流行した。老若男女に愛される落語とその普及活動により、日本で愛され続ける落語家の一人である。

柳家花緑の日程

73人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

柳家花緑のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/24 00:00更新)

柳家花緑について

柳家花緑の魅力とは

柳家花緑は、1971年8月2日生まれ東京都豊島区目白出身の落語家である。芸能一家に生まれ、1987年に中学を卒業すると、母方の祖父である「5代目柳家小さん」に入門した。その後は順調に、1989年には二ツ目に昇進し、1994年には戦後最年少の若さの22歳で真打昇進を果たしている。名称は前座名の「九太郎」、二ツ目の「小緑」、そして現在の真打としての「花緑」と改名して来ている。特徴はスピード感を活かした歯切れの良い語り口であり、NHKの教育テレビ「にほんごであそぼ」に出演し「寿限無」を披露した際には、子供達の間で「寿限無」が大流行したほどである。また、伝統的な古典落語をベースにしながらも、新作落語やシェイクスピア作品のアレンジなど、新しい分野への挑戦も果敢に行なっている。2003年には、落語界の活性化を目的に創設された「六人の会」のメンバーとなり、春風亭小朝、笑福亭鶴瓶、林家正蔵、春風亭昇太、立川志の輔と共に活動している。そのほか、テレビや舞台、ナレーションなど落語家の枠に捉われずに幅広く活躍している。これからの落語の新しい未来を切り拓く旗手の一人として、注目の存在である柳家花緑の活躍に今後も目が離せない。

柳家花緑が好きな方はこんなチケットもおすすめ