柳家権太楼」は、東京都出身の落語家である。爆笑派の代表格とされ、十八番の「代書屋」で知られている。明治学院大学法学部に入学すると、落語研究会で活躍。1970年に五代目柳家つばめに入門し、前座名柳家ほたるを名乗ることとなる。しかしつばめが46歳の若さで亡くなった為、つばめの師匠である五代目柳家小の門下に移籍。1982年に真打に昇進し、「三代目 柳家権太楼」を襲名することとなった。これは落語界でも大記録となる速さとなっている。柳家権太楼の落語は緻密に計算されていると言われ、所謂理論派と呼ばれる噺家は数あれど権太楼は中でもトップクラス。何が何でも笑わせるという姿勢、エネルギーは観る者を魅了しファンを引き付けている。

柳家権太楼の日程

16人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

柳家権太楼のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

柳家権太楼について

柳家権太楼の魅力とは

爆笑派の代表格とされ、十八番の「代書屋」で知られる柳家権太楼。明治学院大学法学部に入学すると落語研究会で活躍した。
1970年に五代目柳家つばめに入門し、前座名柳家ほたるを名乗ることに。しかしつばめが46歳の若さで亡くなった為、つばめの師匠である五代目柳家小の門下に移籍した。1982年には、真打に昇進し三代目柳家権太楼を襲名することとなり、落語界でも大記録となる偉業を達成した。

明治学院大学法学部卒というだけあり、柳家権太楼の落語は緻密に計算されていると言われている。
所謂理論派と呼ばれる噺家は数あれど権太楼は中でもトップクラスだ。何が何でも笑わせるという姿勢、エネルギーは観る者を魅了しファンを引き付けている。爆笑派を代表するチャンピオンと評される権太楼。その軽快な語り口は落語だけに留まらず、NHK教育テレビで放送された高齢者向けの生活情報番組「お達者くらぶ」にレギュラーなど多数の番組にテレビ出演をしている。

1978年のNHK新人落語コンクール優秀賞を始め、演芸大賞ホープ賞、浅草演芸大賞金賞、芸術選奨文部科学大臣賞大衆芸能部門なども受賞。2013年には日本国天皇の名で授与される紫綬褒章も授与されている。

柳家権太楼が好きな方はこんなチケットもおすすめ