舞台「闇狩人」の原作は、1988年から2年間「少年ジャンプ」で連載された坂口いくの漫画作品。連載当時「現代版・仕事人」として話題となったことからも分かるように、悪を成敗する彼らの悩み・葛藤を緻密なタッチで描いた人間ドラマだ。そして2016年、初めての舞台化が決定!キャストは高杉真宙、横浜流星、鈴木勝大、荒井敦史、丸山敦史など。注目は彼らの戦い方。主役 間武士の武器はスチール製定規。我竜京介はけん玉。三枝将はギターのピック。その中で陣内力は素手で戦い抜く。極悪非道な敵を裁き、成敗していく裏の稼業「闇狩人」。ダークハンターが今年は舞台に戻ってくる!

舞台 闇狩人の日程

132人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

舞台 闇狩人の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

舞台 闇狩人のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

闇狩人について

闇狩人の魅力とは

「闇狩人」はバブル全盛期の社会を背景とした物語。1988年から1990年までの間で連載された漫画で、2016年には舞台化が決定している。主人公 間武士をはじめ、我竜京介・三枝将・陣内力といった個性豊かなキャラクターが魅力の同作。舞台で演じるのは、今をときめく若手俳優 高杉真宙・横浜流星・鈴木勝大・荒井敦史・丸山敦史だ。

「闇狩人」とは被害者・遺族に代わって裁く「殺人代行者」。報酬金額は決まっておらず、依頼者の恨みを晴らすために行動するという。普段は予備校生やミュージシャン、探偵、ジャーナリストとして日常生活に身を潜めている。彼らの武器は、なんとけん玉やギターピック、定規など!これらを駆使し、見事に強敵を仕留めていく様は痛快だ。

しかし悪を成敗する彼らにも、それぞれに抱える苦しみや葛藤があった。彼らは血も涙も無い悪人たちを裁き、傷つきながらも自分に向き合い進んでいく。果たして戦いの先に見出した彼らの答えとは…?映像・音・照明を駆使した舞台パフォーマンスは必見!アクションシーンは痛快無双。物語の結末は劇場で!

舞台 闇狩人が好きな方はこんなチケットもおすすめ