水戸復活祭取扱中!山崎まさよしは、1995年デビューのシンガーソングライターだ。映画「月とキャベツ」や「黒い家」に出演し俳優としても活躍している彼だが、自身の初主演映画のテーマ曲「One more time, One more chance」は異例のロングヒットとなった。SMAPが歌ったことで有名な「セロリ」は、今でこそSMAPの歌という認識が強いが実は山崎まさよしが作詞作曲した彼のオリジナルソングだ。ライブにおいても、ブルースハープと、アコースティックギターの調べというマルチプレイヤーぶりを発揮している。さらに心に沁み入る歌声、胸を締め付けるような歌詞で、他の誰も真似のできない世界を繰り広げられるのは彼だけだ。

水戸復活祭

1,256人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

山崎まさよしのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/26 00:00更新)

山崎まさよしについて

山崎まさよしの魅力とは

山崎まさよしは1995年シングル「月明かりに照らされて」でメジャー・デビューを果たしたシンガーソングライターだ。デビュー時のキャッチコピーは「天才より凄いやつ」。

アコースティックギター、ブルースハープなどを織り交ぜながら、独特な歌唱力と確かなリズム感で名曲を生み出すミュージシャンである山崎まさよし。人間の悲しみや情感、生きるということなどを歌詞に込める山崎まさよしは、映画監督、新海誠の代表作「秒速5センチメートル」の主題歌にもなった「One more time, One more chance」や、元SMAPがカバーすることになる「セロリ」など、様々な名曲を世に生み出しており、その天才的な才能は国内外で評価が高い。まだ40歳半ばという若い年齢であり、様々なアーティストとのコラボレーションなど才能を発揮して、今後も素晴らしい曲の作成が期待されるミュージシャンである。単独公演、全国ツアー、復興支援ライブなど精力的な活動を展開しており、チケットを買い求めるファンは後を立たない。2017年もツアーを開催しており、チケットを入手しそびれた方は、チケットキャンプを利用しぜひ会場に足を運んでいただきたい。

山崎まさよしが好きな方はこんなチケットもおすすめ