山内惠介とは、福島県糸島市出身の演歌歌手の事である。1983年5月31日に福岡県糸島市(旧前原市)で生まれた彼は、母親の影響を受けて生まれる前から美空ひばりを聞き、演歌や美空ひばりに強い憧れを抱き演歌の道を歩むこととなる。そして2001年に氷川きよしや藤あや子を手がける水森英夫の門下生としてデビューした。売れるまでの地道な音楽活動によって培われた抜群の歌唱力だけでなく、その整ったルックスも相まって「演歌界の貴公子」との呼び名も高い。また、演歌だけでなく、舞台や映画、ラジオなどにも活動範囲を広げ精力的に活動を行っている。斜陽文化と呼ばれる演歌界に光を照らす彼の今後に、目が離せない。

山内惠介の日程

180人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

山内惠介のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 18:00更新)

山内惠介とは

山内惠介の魅力について

山内惠介(やまうちけいすけ)とは、2001年にデビューした演歌歌手の事である。

福島県糸島市出身の彼は、母親の影響を受け生まれる前から美空ひばりの音楽を聞いており、美空ひばりに対して強い憧れを持っていた。そして1999年10月に出場したカラオケ大会で、氷川きよしや伍代夏子、藤あや子などの大物演歌歌手を多数手がけた水森英夫の目に止まり、スカウトされたところから芸能人生が始まった。

2001年には「ぼくはエンカな高校生」というキャッチフレーズのもと、まだ高校生ながらにメジャーデビューして、それから毎年シングルをリリースした。2009年にはシングル「風蓮湖」が50週連続でランクインするというロングヒットを記録し、地道な活動が功を奏して2015年にようやく第66回NHK紅白歌合戦への出場を果たした。同年には第57回日本レコード大賞で日本作曲家協会選奨も受賞しており、将来が期待される演歌歌手の1人となった。

また、演歌だけでなく、舞台や映画、ラジオなどにも活躍の場を広げており、現在大注目の演歌歌手であるといえよう。歌唱力はいうまでもなく、ルックスも抜群で「演歌界の貴公子」と呼ばれる彼の今後に、これからも目が離せない。

山内惠介が好きな方はこんなチケットもおすすめ