山下和仁は、長崎市出身のクラシックギタリストだ。幼少時から長崎ギター音楽院院長を務める父・山下亨にギターを学び、16歳の時に世界3主要ギター・コンクールと言われるラミレス国際ギターコンクール、アレッサンドリア国際ギターコンクール、パリ国際ギターコンクールでいずれも1位に輝き、史上最年少記録を打ち立てた。1981年に発表されたアルバム「展覧会の絵」では、自身の編曲によりムソルグスキーの大曲をギター1本で弾き通し、クラッシックファンを驚かせた。その後も、ベートーヴェン「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」やストラヴィンスキー「火の鳥」などのオーケストラ曲をギター独奏で披露し、絶賛を浴びた。近年は妹・山下尚子とのデュオや子供3人との合奏にも力を入れており、ギターの限界を超えるテクニックを駆使した演奏は高く評価されている。世界最高峰の演奏技術を持つギタリスト・山下和仁の色彩豊かな演奏を味わってほしい。

山下和仁の日程

1人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

山下和仁について

天才ギタリスト 山下和仁の魅力とは

ギター1本でクラシックのオーケストラ曲に真正面から挑み、超絶技法の演奏テクニックで聴衆を魅了するギタリスト・山下和仁は、世界有数の演奏家として人気を博している。幼少時から父・山下亨を師に、ギターの研鑽を積む。父が率いる長崎ギター合奏団に所属し、様々なギター合奏によるギター協奏曲やオーケストラ曲を演奏することでアンサンブル能力を習得。

16歳でスペイン・イタリア・フランスの国際ギターコンクール1位を獲得し、一躍脚光を浴びる。1981年には自身で編曲を行い、ギター1本でオーケストラを表現したムソルグスキー「展覧会の絵」の演奏で世界を震撼とさせ、1985年にはストラヴィンスキー「火の鳥」でもギターのみとは思えないほどの雄大で重厚な世界観を披露し、世界から賞賛を浴びた。

高い演奏テクニックと表現力が多くの作曲家に支持され、渡辺香津美作「アストラル・フレイクス」や吉松 隆作「天馬効果」など多くのオリジナル曲が献呈されている。2017年4月にはリサイタルが開催される。激流のフォルテシモから、繊細なピアニシモまで、クラシックギターの限界を超えた山下和仁の世界を体験してほしい。

山下和仁が好きな方はこんなチケットもおすすめ