ヤマノススメ 公式ファンミーティング取扱中!ヤマノススメとは、原作者しろによる日本の漫画及びテレビアニメである。2011年に「コミックアース・スター」にて連載開始。翌年に発売された単行本が累計50万部を突破する大人気コミックとなった。2013年にはテレビアニメの放送が開始。1話約3分と一般的なアニメに比べ短い構成になりつつも、2クール目の放送も始まるなど話題になる。女子高生と登山を組み合わせた内容ということもあり、モデルとなる都市が実在する。その中には建物や風景も実在のものから忠実に再現されており、昨今のモデルを持った漫画作品としても話題になる。「ゆるふわ」と公式サイトでも謳っているが、作品の中には実在の山を始め、数々の本格的な登山用品が登場する。商業用として漫画と登山を組み合わせた異色のジャンルでありながらこれまでにない組み合わせで人気の作品だ。

ヤマノススメ 公式ファンミーティング

43人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヤマノススメのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/26 18:00更新)

ヤマノススメについて

ヤマノススメとの魅力とは

ヤマノススメとは、女子高生と登山を融合させた異色の漫画及びテレビアニメである。本作のテーマであるアウトドアとは無縁の主人公あおいと、あおいとは全くの正反対である幼馴染ひなたが再会。ある目的を持ち山へと登ることになる少女を描いた作品となっている。

連載当初から話題になりすぐに人気に火が付く。元々は商業連載として登山を広めるべく連載がスタートするが、そもそも原作者のしろも登山を趣味としている。イラストの雰囲気とはうって変わり本格的な登山用品や用語が登場することで、登山という視点から見てもかなり本格的な内容になっている。2012年に発売された雑誌「山と渓谷」にはその本格的描写から著者のインタビューが掲載されるほど。登山業界にとってもアウトドアというものを少しでも認識してもらうための戦略であり大事な企画となっている。

本作品に登場する街にはモデルとなる実在の街が存在する。埼玉県飯能市がその舞台であり、他にもいくつかの実在の風景が登場している。街では「萌えおこし」と称し町おこしのための通称「聖地巡礼ツアー」を敢行。女子高生とアウトドアというこれまでにないコラボは異例のヒットを見せ、もはや全国レベルで話題となっている。これはひとえに漫画一つの話ではなく、アウトドアの商業面や舞台となる街の活性化にも繋がる貴重な作品である。

ヤマノススメが好きな方はこんなチケットもおすすめ