山中惇史は愛知県岡崎市出身のピアニストである。幼稚園の頃に聴いたチャイコフスキーのピアノ協奏曲で音楽に目覚めたという山中惇史は、7歳からピアノを始め、16歳の時に作曲をしていたという才気の持ち主だ。自身で作曲した「Jungle」は絶え間なく鳴り響く打楽器とまるでジャングルの雰囲気をそのまま感じさせる静かなパートの構成で映画音楽を思わせると評判になった。この曲は2012年に高関 健指揮の下、藝大フィルハーモニアによって演奏、これが初演となった。翌2013年にはユーロアジア国際コンクールの課題曲として「Danza」を作曲している。イスラエルのバイオリニスト巨匠イヴリー・ギトリスからも絶賛された若きピアニスト山中惇史の今後の活躍に期待が寄せられている。

山中惇史の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

山中惇史について

山中惇史とは

愛知県岡崎市出身のピアニスト山中惇史。幼稚園の頃に聴いたチャイコフスキーのピアノ協奏曲で音楽に目覚めたという山中惇史は、7歳からピアノを始め、16歳の時に作曲をしていたという才気の持ち主だ。自身で作曲した「Jungle」は絶え間なく鳴り響く打楽器とまるでジャングルの雰囲気をそのまま感じさせる静かなパートの構成で映画音楽を思わせるこの曲は、2012年に高関 健指揮の下、藝大フィルハーモニアによって演奏、これが初演となった。翌2013年にはユーロアジア国際コンクールの課題曲として作曲した「Danza」が初演され、公式の伴奏者も務めることとなった。
2013年には第10回東京音楽コンクール 弦楽部門で第1位を獲得したことで知られるバイオリニスト小川響子とのデュオで第2回デザインK国際音楽コンクールデュオ部門 グランプリを受賞した。これまでに作曲を鈴木純明、安良岡章夫、ピアノを森 陽子、山泉 薫、白石光隆らに師事。その才能はイスラエルのバイオリニスト巨匠であるイヴリー・ギトリスが絶賛するほどだ。
現在もマンスリーコンサートや合唱団との共演などさまざまなステージで活躍する若きピアニストに期待が寄せられている。

山中惇史が好きな方はこんなチケットもおすすめ