山形交響楽団(山響)は、山形県山形市を本拠とする日本のオーケストラである。通称山響(やまきょう)。日本オーケストラ連盟の正会員であり、運営法人名は公益社団法人山形交響楽協会。創立名誉指揮者である村川千秋が、ふるさとの山形にオーケストラをと、1972年1月に発足した。山形新聞グループや山形県有力企業の支援を得て、今では演奏レベルの高さでは全国的にも定評のある楽団へと成長した。リーマンショックや東日本大震災の影響で演奏収入の潤沢な確保が困難となり一時は運営が危ぶまれたが、経費削減や定期演奏会の2日公演の復活等による会費増収の結果、状況は良化しつつある。山形の豊かな自然や食文化とともに、オーケストラの魅力を多くの人々の心に届ける山形交響楽団(山響)から目が離せない。

山形交響楽団(山響)の日程

11人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

山形交響楽団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

山形交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

山形交響楽団(山響)について

山形交響楽団(山響)のコンサートの魅力とは

山形交響楽団(山響)は、山形県山形市を本拠とする日本のオーケストラである。通称山響(やまきょう)。日本オーケストラ連盟の正会員であり、運営法人名は公益社団法人山形交響楽協会。

創立名誉指揮者である村川千秋が、ふるさとの山形にオーケストラをと、1972年1月に発足した。山形新聞グループや山形県有力企業の支援を得て、今では演奏レベルの高さでは全国的にも定評のある楽団へと成長した。リーマンショックや東日本大震災の影響で演奏収入の潤沢な確保が困難となり一時は運営が危ぶまれたが、経費削減や定期演奏会の2日公演の復活等による会費増収の結果、状況は良化しつつある。

山響では様々な企画や恒例行事が見受けられ、例えば定期演奏会などでは、開演前に指揮者によるプレ・トークや、終演後ロビーで開かれる交流会(指揮者やソリスト、楽団員が参加)が恒例となっている。新作発表も行っており、2005年よりコンポーザー・イン・レジデンス(専属作曲家)への作品委嘱が行われている。山形の豊かな自然や食文化とともに、オーケストラの魅力を多くの人々の心に届ける山形交響楽団(山響)から目が離せない。

山形交響楽団(山響)が好きな方はこんなチケットもおすすめ