山田耕筰とは、日本最初の世界的水準の作曲家であり、日本音楽界最大の指導者で、日本におけるクラシック音楽の土台を築いた大きな存在だ。一般的には「赤とんぼ」「ペチカ」「待ちぼうけ」といった童謡や、「この道」「からたちの花」等、歌曲の作曲家として知られている。日本人初の交響曲「かちどきと平和」他の管弦楽曲から「黒船(夜明け)」「あやめ」等のオペラ、校歌まで幅広く作曲し、総作品数は1,600曲に及ぶ。日本に西洋音楽を定着させた功績は大きく、山田耕筰は欧米でも高く評価され、フランスからはレジョン・ド・ヌール勲章を授与されている。

山田耕筰の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

山田耕筰について

山田耕筰の魅力とは

山田耕筰とは、日本最初の世界的水準の作曲家であり、日本音楽界最大の指導者で、日本におけるクラシック音楽の土台を築いた大きな存在だ。一般的には「赤とんぼ」「ペチカ」「待ちぼうけ」といった童謡や、「この道」「からたちの花」等、歌曲の作曲家として知られている。

1908年、旧・東京音楽学校声楽科(現在の芸大)を卒業した後、ドイツの王立アカデミー音楽院に留学、ブルッフやヴォルフに師事する。この時、日本人として初の交響曲となる「かちどきと平和」を作曲した。1914年に帰国し、同交響曲を披露。翌年、その時のメンバーを中心として東京フィルハーモニー交響楽団を創設させた。 総作品数は1,600曲に及ぶ。日本に西洋音楽を定着させた功績は大きく、山田耕筰は欧米でも高く評価され、フランスからはレジョン・ド・ヌール勲章を授与されている。

このほか、北原白秋と共に雑誌『詩と音楽』を創刊、小内山薫(演出家)とは劇団「土曜劇場」「新劇場」を結成、はたまた音楽以外では抽象絵画の巨匠カンディンスキーを初めて紹介するなど、芸術の様々な分野で才覚を発揮した人物である。

山田耕筰が好きな方はこんなチケットもおすすめ