薬師丸ひろ子は、1978年に映画「野生の証明」でデビューした女優・歌手である。その後に主演を果たした映画「セーラー服と機関銃」では、主題歌を歌いあげ大ヒットを記録する。澤井信一郎監督の映画「Wの悲劇」では主演女優賞を獲得。2000年以降も「木更津キャッツアイ」や「ALWAYS三丁目の夕日」などの大作に出演しており、日本を代表する女優として知られている。また歌手デビューしてから長い期間が経った現在も精力的に活動しており、その人気は不動である。2013年には芸能生活35周年を記念し、23年ぶりに単独コンサートを行うことが発表され更なる話題を集めた。翌年には「第65回NHK紅白歌合戦」にも出場しており、これからも女優や歌手として注目され続ける人物であることは間違いない。

薬師丸ひろ子の日程

332人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

薬師丸ひろ子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 06:00更新)

薬師丸ひろ子について

薬師丸ひろ子の魅力とは

薬師丸ひろ子は、東京都出身の女優・歌手。デビュー作は1978年の角川映画「野性の証明」だ。彼女は中学1年生の時に長井頼子役オーディションで選出され、高倉健との共演で銀幕デビューを飾った。そして彼女が出演したこの「野性の証明」は、角川映画として初めての邦画年間興行ランキング1位に輝いている。また1981年に大ヒットした映画「セーラー服と機関銃」では主演・主題歌を務め、華々しく歌手デビューを果たした。その他にも薬師丸が主題歌を担当した「探偵物語」「メイン・テーマ」「Woman "Wの悲劇"より」は、記録的なヒットとなる。それ以降も彼女は主演女優賞を獲得したり、歌手としてもアルバムリリースやコンサートを開催したりするなど幅広く活動した。

また2000年代以降も「木更津キャッツアイ」「1リットルの涙」「あまちゃん」などの人気テレビドラマに出演し、日本を代表する女優として活躍している。そして映画「ALWAYS 三丁目の夕日」では第29回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞などを受賞し、2013年には放送ウーマン賞を受賞するなど多くの功績を残した。2014年には第65回NHK紅白歌合戦に初出場を果たしており、今後も歌手や女優としてさらに魅力を増し続ける彼女の活躍に期待したい。

薬師丸ひろ子が好きな方はこんなチケットもおすすめ