初主演映画「誰も知らない」で14歳という若さで、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で男優賞を受賞した柳楽優弥。子役として堂々たるデビューを果たすと、その後も「星になった少年 Shining Boy & Little Randy 」「シュガー&スパイス~風味絶佳~」などの人気映画で多数主演を務めた。一時、体調不良で休養期間に入ったが、2010年に公開された「すべては海になる」で俳優業に復帰した。2012年には、蜷川幸雄演出の「海辺のカフカ」で初舞台を経験し、その後は、TVドラマやCMなど身近で彼の演技を見る機会も多くなった。まだまだ若い柳楽優弥のこれからの演技にも注目だ。

柳楽優弥の日程

19人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

柳楽優弥のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 00:00更新)

柳楽優弥について

柳楽優弥の魅力とは

初主演映画「誰も知らない」で14歳という若さで、2004年に当時史上最年少でカンヌ国際映画祭のコンペティション部門で男優賞を受賞した柳楽優弥。
同年には、文化関係者文部科学大臣を受賞し、さらにTIME誌(アジア版)で2004 Asia's Heroes「20人のアジアの英雄」として、日本からプロ野球界で活躍するイチローとともに選出される。
子役としての最初の作品で鮮烈デビューを果たしてからも、「星になった少年 Shining Boy & Little Randy 」「シュガー&スパイス~風味絶佳~」などの映画で若くして多数主演を務めた。

2008年からは体調不良で一時的に休養期間に入っていたが、2010年に公開された「すべては海になる」で俳優業に復帰した。
映画を中心に実力派俳優として活躍してきたが、2012年に蜷川幸雄演出の「海辺のカフカ」で初舞台を経験し、現在はTVドラマなどへの出演も増え身近に多彩な演技を魅せてくれている。
2012年には女優の豊田エリーと結婚し、父となった柳楽優弥。今後も映画にドラマに我々を魅了してくれることは間違いないだろう。

柳楽優弥が好きな方はこんなチケットもおすすめ