X-MEN:アポカリプス」は「X-メン」シリーズ第6作目となるハリウッド映画である。初期3部作からのリブート作品としては3本目にあたり、プロフェッサーXは「つぐない」でロンドン映画批評家協会賞英国主演男優賞を受賞したジェームズ・マカヴォイ、マグニートーを「それでも夜は明ける」で第86回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、近年はリドリー・スコット監督作品でもお馴染みのマイケル・ファスベンダーが演じている。監督はこの「X-メン」シリーズのほとんどでメガホンを取り、「スーパーマン・リターンズ」などのヒーローものでその手腕を発揮するブライアン・シンガー。「X-MEN:アポカリプス」は「X-メン」第1作へと繋がる内容になっており、リブート版の集大成とも言える位置付けとなっている。

X-MEN 映画の日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

X-MENの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

X-MENのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 00:00更新)

映画「X-メン」について

映画「X-メン」とは

「X-メン」とは1963年にマーベルコミックに初登場した漫画で、原作者は、マーベルメディア名誉会長のスタン・リーだ。

人間から突然変異した特殊能力を持つミュータントがいる世界。人間を支配しようとするミュータントと人間と共存しようとするミュータント「X-メン」との戦いが描かれる。2000年に監督ブライアン・シンガーにより初めて映画化されると全米、そして日本でも大ヒットなった。その後シリーズ化され、スピンオフ「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」、「ウルヴァリン: SAMURAI」の2本を含め2016年までに8本が制作、どれもヒットを飛ばしている。
「X-メン」シリーズの6本は初期3部作と後期リブート作で大きく分かれており、リブート版は初期3部作の前日談となっている。これによりキャストが変更されているが「X-MEN: フューチャー&パスト」ではタイムスリップという設定でそれら全てのキャストが一堂に会すという作品となった。これはブライアン・シンガーが初期作とリブート作両方で監督を務めるという極めて稀なシリーズならではのことである。

この様に毎回様々なアイディアが詰め込まれ、回を追うごとにパワーアップしていく「X-メン」は常に観る者を驚かせ、楽しませるヒーローものの王道シリーズとなり人気を博している。

X-MEN 映画が好きな方はこんなチケットもおすすめ