「オリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会」の出場権を懸けて全日本男子チーム・龍神NIPPONと全日本女子チーム・火の鳥NIPPONのバレーボール日本代表が挑む。「オリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会」はアジア大陸予選枠4チーム、世界最終予選枠4チームの計8チームが出場し、アジア最上位1チームと、を除いた7チーム中、上位3チームにリオデジャネイロオリンピックの出場権が与えられる。オリンピックへの切符をかけたバレーボール日本代表の背中を全力で後押しするスペシャルサポーターに「Sexy Zone」が就任していることも注目の1つだ。1番の注目は選手だろう。特に注目すべき男子選手は清水邦広選手、米山裕太選手であり女子選手は木村沙織選手、佐藤あり選手であろう。

バレーボール 日本代表の日程

2,049人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

バレーボール 日本代表の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

バレーボール 日本代表のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 18:00更新)

バレーボール 日本代表 について

バレーボール 日本代表 の魅力とは

全日本男子チーム「龍神NIPPON」は2014年に行われた「第17回アジア競技大会」で銀メダルを獲得した。「チーム力の底上げと若手選手の強化」を今シーズン最大の目標に掲げる南部正司監督は、全日本男子チーム初選出の8名を含む30名の選手たちとともに世界に挑む。2015年は「FIVBワールドリーグ2015」から「龍神NIPPON」のシーズンが始まった。チェコ、フランス、韓国とホーム&アウェイ形式で対戦。5月30日・31日に桃太郎アリーナで岡山大会、6月6日・7日に島津アリーナ京都で京都大会、6月20日・21日に大阪市中央体育館で大阪大会を戦った。特に高い打点から鋭いスパイクを打ち込む石川祐希は今後の「龍神NIPPON」を背負っていく選手だ。全日本女子チーム「火の鳥NIPPON」は2014年に行われた「FIVBワールドグランプリ2014」では、「MB1」を進化させた新戦術「Hybrid6」を駆使し、銀メダルを獲得した。「モントルーバレーマスターズ2015」に出場し惜しくもトルコに負け2位だった。全日本女子チーム「火の鳥NIPPON」はとても人気が高くなんといっても2004年、高校生で全日本の代表に招集され、屈託のない笑顔で、ファンを増やしていった木村選手は注目すべきだろう。

バレーボール 日本代表が好きな方はこんなチケットもおすすめ